NuNet(ニューネット)とNTXトークンの概要とエアドロップの申請方法について

NuNet(ニューネット)の概要

NuNetはSingularityNETの2番目のスピンオフで、2018年の初頭に「SingularityNET X-Lab」の支援プログラムを通じてSL2プロジェクトとしてインキュベートされました。CEOのKabir Veitas(カビール・ヴェイタス)博士は、2018年2月からSingularityNETのメンバーであり、学際的研究の博士号(2019年)、AIの修士号(2009年)、国際ビジネスマネジメントの学位(2007年)、経営学の学位(1997年)を取得しています。

プロジェクトの目的は、世界的なコンピューティングフレームワークに、あらゆるコンピューティングリソース(PC、携帯電話、自動車、ロボット、ゲーム機など)とデータ接続を可能にする、相互運用性レイヤーを開発する事です。複雑な計算システムの設計と運用に、自己組織化というボトムアップ要素の導入を目指します。プラットフォームのAPI of APIsは、世界のコンピュータのバックボーンとなり、 誰もが大規模に、ストレージ、計算能力、アルゴリズム、コード、データ、人間の創造性、機械の知性の価値を共有・収益化し、利用する事が出来るようになります。

初期のユースケースは、SingularityNETの分散型AIエージェントの計算インフラストラクチャのサポートです。NuNetのプライベートα版は2021年9月8日にリリースされ、パブリックα版はTGE(Token Generation Event)の数ヵ月後にEthereumに登場し、その後はCardanoにも対応される予定です。Cardanoでは、Catalyst Fund7で12万ドルの助成金を獲得し、2022年後半にステークプールオペレーター(SPO)向けの分散型クラウドサービスを予定しています。また、DeFiプラットフォームであるSingularityDAOと戦略的なパートナーシップを結んでおり、彼らはNuNetのLaunchpadの支援やNTXトークンに流動性を提供するだけでなく、NuNetの計算力を利用する重要な初期顧客にもなります。

NuNetはマルチサイドマーケットプレイスでもあり、他の様々な分散型プラットフォームを意識して構築されています。当面は、SingularityNETや人工知能とブロックチェーンの業界団体であるDecentralized AI Alliance (DAIA)のメンバーと密接な関係を持ちながら開発を進めて行く予定です。

NuNetのビジネスモデル
NuNetの3つの構成要素

NuNetは、次の3つの要素で構成されています。

  • トークノミックインセンティブ:インフラの最も重要な部分です。NTXトークンに基づくトケノミックシステムにより、計算資源が活発に交換される多面的な市場を育成します。アルゴリズムが自分自身を実行する為に必要な計算能力に対して対価を支払うだけでなく、実行結果を他のアルゴリズム、デバイス、ビジネス、又は直接ユーザーに販売する事が出来ます。
  • アダプター:NuNetに搭載された各デバイス上で動作する軽量な実行ファイルで、各デバイスをプラットフォームのコントロールプレーンとデータプレーンに接続します。アダプターは、ホストデバイスで利用可能な計算リソースの測定、リアルタイムでのパフォーマンスの追跡、ネットワーク上の他のマシンとの通信の確立など、デバイスがNuNetに統合する為に必要な機能を実行します。
  • API(API of APIs):アダプターがプラットフォームやデータプレーン、コントロールプレーン上の他のマシンと対話する為に使用する共通言語です。プラグインが可能で、オープンかつ発展的なAPIのオープンエンドなコレクションになります。すべての機器はNuNetのアダプターを実行しますが、ネットワーク上の役割に応じて異なるAPIを使用します。
NuNetがターゲットとする巨大な成長市場

Canalys社が2021年10月に発表したレポートによると、世界的なクラウドサービスの市場規模は494億ドル(約5兆6,300億円)で、マーケットはAmazonだけで32%、Microsoftが21%、Googleが8%のシェアになっています。これらのビッグテックが業界を支配している理由は、規模の経済を実現する事でサービスを柔軟で安価に提供出来るからです。

NuNetの目的は、このような中央集権的なクラウドインフラからエンドユーザーのデバイスに市場を置き換えるのではなく、誰もがクラウドプロバイダーになれるような環境を作る事です。コンピューティングリソースを持っている人は、NuNetのAPIやアダプターを利用して、誰でも計算ワークフローを実行したい人に自分のリソースを提供出来ます。この市場は、現在のクラウド市場よりもオープンかつ中央集権的な巨大企業によるロックダウンが少ないマーケットを創造します。

ホワイトペーパー

以下、NuNetのホワイトペーパーになります。プロジェクトの開発計画と進捗状況は、JIRAのダッシュボードで確認出来ます。

提携パートナーとフレームワーク

NuNetは、API of APIsによって様々なデバイス、コンピューティングフレームワーク、データ共有プロトコルの技術的統合を実現します。各デバイスは、NuNetのグローバルな計算フレームワークによって、自分自身でどのようなアルゴリズムを実行するかを決定する事が出来ます。デバイスの所有者は、使用された計算資源に対しては、異なる金額の暗号通貨やそれに相当するフィアットで課金する事が出来ます。また、いつ、誰と、どの程度までデータを共有するかを選択出来、他のデバイスからデータの購入やレンタルも可能になります。

NuNetは、API of APIsとメタマーケットプレイスによって、このようなハードウェアデバイスと計算プロセスの社会と経済を実現しようとしています。多くの種類のデバイスとその所有者は、相互運用によってこの計算プロセスの社会に参加出来ます。プラットフォームは、アルゴリズムを調達する為のSingularityNET、計算資源のGolem、iExec、ストレージ資源のTardigrade、Filecoinなど、 既に物理的なデバイスを抽象化している既存のフレームワークにもAPIを提供します。

なお、最も重要な点はネイティブなNTXトークンに基づくトケノミックシステムです。これにより、アルゴリズムが自分自身を実行する為に必要な計算能力に対して対価を支払うだけでなく、他のアルゴリズム、デバイス、ビジネス、または直接ユーザーに実行結果を販売する事が出来ます。

将来的なパートナー候補

以下、将来的にNuNetのフレームワークに組み込まれる事が予想されるプラットフォームの一部です。

  1. Golem:コンピューティングパワーの分散型マーケットプレイス
  2. Ocean Protocol:トークン化されたサービス層を備えたデータ経済と関連サービスの為のエコシステム
  3. iExec:ブロックチェーンベースの仮想クラウドコンピューティングとデータ貸し出しのフレームワーク
  4. Enigma:ウェブをより速く、より安全に、よりオープンにする為のP2Pハイパーメディア・プロトコル
  5. Filecoin:世界中の誰もがストレージプロバイダーとして参加出来る分散型ストレージマーケット
  6. Storj Labs:分散型クラウドストレージ
NuNetのフレームワーク
各デバイスにインストールされたアダプターとそれらを調整するエージェントによって計算ワークフローが実現される

NuNetは、次の3タイプの参加者の相互作用を自主規制します。

  • データ・計算・AIサービスの提供者
  • データ・計算の利用者
  • ネットワーク運用エージェント
具体的な参加者のワークフロー
  1. コンピューティングリソースの所有者が、自分の専門的な能力を表現・公開し、多様なエコシステムの中でそれを必要とするプロセスに提供します。
  2. ストレージリソースの所有者は、その能力を表明・公開し、データ所有者の好みに応じて無償またはトークンと交換で提供します。
  3. 計算プロセスの所有者は、自分の専門的な計算やデータの要件を表明・公開し、リソースやノウハウに入札するとともに、自らの機能性や能力をエコシステム全体に提供・スポット販売します。
  4. データ所有者は、自分のデータの説明、アクセス制限、プライバシーの考慮事項を公開し、プロセスが既存のデータを利用し、その改良と成長に貢献出来るようにします。
  5. 各参加者は、ネットワークが彼らのリソースの使用をどのように導くべきかについて自分の好みを表明する事が出来、各リソースの使用者に対して交換可能なトークンを請求する事が出来ます。
  6. 各参加者は、フレームワークを通じて提供されるリソースの無料または有料の利用を入札し、NTXトークンを使って支払う事が出来ます。

Tokenomics(トークノミクス)

NuNetのNTXトークンは、マルチチェーン展開されるように設計されおり、ユーティリティトークンとして計算ワークフロー、アカウンティング、マイクロペイメントの決済の為に利用されます。プラットフォームには、SingularityNETのAGIXと交換する為のゲートウェイが含まれており、ユーザーはNTXトークンを使ってコンピューティングリソースの代金を支払い、使用されたNTXは自動的にAIサービスを利用する為にAGIXに変換されます。

当初は、EthereumとCardanoの2つのブロックチェーンを対象としていますが、将来的に複数の分散型コンピューティング及びデータプロビジョニングプラットフォームを含む予定です。

NTXトークンのコントラクトアドレス
NTXトークンの配布構成
コミュニティ報酬にはAGIX保有者へのエアドロップやAGIX,SDAO,NTXのステーキングやファーミング報酬が含まれる

NTXトークンの総発行数は、1,000,000,000 NTXです。最初にEthereumで631,250,000 NTX-ETH(63.125%)、Cardanoで368,750,000 NTX-ADA(36.875%)が発行されます。なお、NTX-ETHとNTX-ADAトークンは1:1の比率で交換可能です。AGIX保有者には、コミュニティ報酬の中から総発行数の5%がエアドロップされます。

最初にトークンは、次の3つのラウンドで配布されます。

  1. シード及びプライベートラウンド:長期的なパートナーでありNuNetの開発に価値をもたらす機関投資家に配布
  2. コミュニティラウンド:SingularityNETのエコシステムのトークン(AGIX及びSDAO)の所有者に配布
  3. パブリックラウンド:2つのLaunchPadのIDOとDEXへのトークンリストを介して配布

トークンのローンチ時には、総発行数の30%にあたる300,000,000 NTXが割り当てられ、最初にその内の75,000,000 NTX(7.5%)が市場で流通します。トークンの配布は、プライベートとコミュニティランドの0.02ドルから始まり、LaunchpoolとOccamのIDOで0.03ドル、最終的にDEXで0.04ドルで取引されます。

SingularityDAOにて2021年11月17日にローンチパッドが行われ、ここではEthereumベースのトークンのみが配布されます。このコミュニティラウンドの参加者には、総発行数の10%が割り当てられ、プライベートラウンドで提供されている同じレートと権利確定構造が適用されます。AGIXもしくはSDAOを保有するKYCに合格した適格参加者は、1USDTあたり50NTXのレートで寄付をする代わりにトークンを受け取る事が出来ます。トークンの請求は、11月26日の13:00 UTCから出来るようになります。

その他の内訳に関しては、コミュニティ報酬に9.00%、後援者が6.00%、チーム&アドバイザーに16.25%%、研究開発準備金として21.00%が分配されます。基本的にNTXのアロケーションには、スマートコントラクトによる権利確定構造が導入されます。 NTXは、Uniswap、MEXC Global、SingularityDAOで購入する事が可能です。

以下、トークンの配布構成とリリーススケジュールになります。

アロケーション割合総供給NTX-ETHNTX-ADA初期配布権利確定の時期
マイニング報酬15.25%152,500,0007.63%7.63%6ヶ月間ロック後
60ヶ月間で放出
シードラウンド2.60%26,000,0002.60%0.26%残りは
12ヶ月で均等放出
プライベートラウンド14.40%144,000,000
(@ 0.02 )
14.40%1.44%残りは
12ヶ月で均等放出
コミュニティラウンド
(SingularityDAO)
10.00%100,000,000
(@ 0.02 )
10.00%1.00%残りは
12ヶ月で均等放出
ローンチパッド
(LaunchpoolとOccam)
2.00%20,000,000
(@ 0.03 )
2.00%1.00%残りは
2ヶ月で均等放出
パブリックラウンド
(DEX)
3.50%35,000,000
(@ 0.04 )
3.50%3.50%
コミュニティ報酬9.00%90,000,0009.00%TGEの1~3ヶ月後
最大12ヶ月間
後援者6.00%60,000,0003.50%2.50%0.3%残りは
20ヶ月で均等放出
チーム&アドバイザー16.25%162,500,00016.25%3か月間ロック後
24ヶ月間で均等放出
研究開発準備金21.00%210,000,00010.50%10.50%1か月間ロック後
36ヶ月間で均等放出
Total100.00%1,000,000,00063.13%36.88%7.50%

NTXトークンのエアドロップ

NuNetでは、2022年1月からAGIX保有者にNTXトークンがエアドロップされます。エアドロップは、2022年1月5日から90日間隔で4回に渡って行われ、総発行数の5%にあたる50,000,000 NTXが毎回均等(25%)に希望者に分配される予定です。エアドロップの参加には、期間中2,500 AGIXを最低維持する必要があり、スナップショットはプライベートウォレットに保管して参加する必要があります。対象となるウォレットは以下の4タイプです。

  1. ステイカー:SingularityNETのステーキングポータル(staking.singularitynet.io)でステーキングされたAGIX
  2. ホルダー:秘密鍵を保有するEthereumのプライベートウォレットのAGIX
  3. 流動性プロバイダー:SingularityDAOの流動性プール(関連するUniSwapプール)のAGIX-WETH、AGIX-USDTのLPトークン
  4. 貢献者:SingularityDAOのDynaSet(dynSING)のLPトークン

バイナンスなどの取引所では、エアドロップはサポートされません。エアドロップは1年を通して行われる為、予期せぬ事態が起こる可能性があります。AGIXのCardanoの移植の際には、必要に応じてプログラムの仕組みが変更されます。

エアドロップの計算式

エアドロップの1AGIXあたりの報酬は、AGIXトークンの残高が多いほど僅かに少なく、残高が少ないほど僅かに多くなります。この逓減効果は、SDAOのエアドロップの時よりも軽減していますが、多くのAGIXを保有していれば高い報酬が得られる一方、リターンは減少して行きます。なお、SingularityNET Staking PortalにステイクされたAGIXは、20%加算された報酬を受け取り、より長期的なメンバーが評価を受ける仕組みが導入されています。エアドロップの配布には、以下の関数が利用されます。

Reward = X / (Sum of all X) * 12,500,000 NTX
X = Log10(Score +1)
Score = (Balance + (0.2* amount staked)) / 100,000
※アルゴリズムLog10の詳細はコチラから

1.”Reward”は、全てのエアドロップ条件を満たした後、ユーザーに付与されるNTXの量
2.”X “は、ウォレットに分配されたエアドロップの総量の割合を考慮して計算する為に使用される変数
3.”Score”は、ウォレットとステーク残高に基づいて各ウォレットの個別の報酬を計算する為に使用される変数(大きなトークン残高よりも小さなトークン残高にインセンティブを与える為のスケーリング係数を含む)
4. “Balance” は、 スナップショット期間中のウォレット、ステイク、LPプール、DynaSetsのAGIXの最低残高
5. “amount staked” では、 SingularityNET Staking Portalにステイクされた最低残高は合計残高に20%加算される

エアドロップの配布スケジュール

エアドロップは、各期間の継続的な適格性スナップショットに基づいて決定されます。最初の3つの期間は、約1ヶ月間に渡るスナップショットがあり、毎回新規のユーザーが参加する事が出来ます。最後の4回目に限っては、2022年1月5日から10月16日までの継続的なスナップショットが参加条件で、1回目からAGIXを保有しているユーザーが対象になります。最初のスナップショットよりも残高が減少した場合、その後の報酬は低い残高に基づいて変更され、以後増やす事は出来ません。

スナップショットの期間中にウォレットの残高が、2,500 AGIXを下回ると参加資格を失います。LPトークンの残高は変動する可能性があるので、スナップショット期間中に最低残高を下回らないように注意して下さい。スナップショット期間中にAGIXの残高が増減しても、適格条件さえ満たしていればその期間中の最低残高が考慮されます。

次にエアドロップの登録と請求は、SingularityNET Airdrop Portalで行われます。全ての参加希望者は、各セッションが終了した翌日から登録手続きを行う必要があります。手続きには一切ガス代はかかりませんが、実際のトークンの請求の際には必要です。トークンの受け取りは、1)ウォレット、2)SingularityDAOのNTX bonded staking poolのいずれかを選択出来るオプションがあります。トークンの請求は、最終受取期限である2022年11月22日までに一括で行うか、 必要に応じて各セッション後に引き出す事が出来ます。期限切れの未請求分に関しては、コミュニティ報酬プールに戻されるので注意して下さい。以下、実施スケジュールになります。

1回目 2回目 3回目 4回目
スナップショット 1月5日~1月19日 3月19日~4月19日 6月18日~7月18日 1月5日~10月16日
登録期間 1月20日~1月25日 4月20日~4月25日 7月19日~7月24日 10月17日~10月22日
請求開始日 1月26日 4月26日 7月25日 10月23日
ステークウィンドウ
締切日
1月30日 4月30日 7月29日 10月27日
分配数 12,500,000 NTX
(25.0%)
12,500,000 NTX
(25.0%)
12,500,000 NTX
(25.0%)
12,500,000 NTX
(25.0%)
※全ての時間は11:00 UTC

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA