AIの力で進化するDeFi!SingularityDAOの概要とSDAOの魅力

SingularityDAO(シンギュラリティダオ)の概要

SingularityDAOは、シンギュラリティネット財団からスピンオフした最初のSingularityNETのLayer2(SL2)プロジェクトであり、2020年11月10日に発表されました。このDeFiソリューションでは、AIロボアドバイザーが運用する動的にバスケット化されたDynaSets(ダイナミック・トークン・セット)への投資が可能です。

SingularityDAOのCEOであるMarcello Mari(マルチェロ・マリ)氏は、SingularityNETの創設チームの一員であり、コミュニケーション・ディレクターも兼任しています。最高技術責任者(CTO)には、2021年8月よりMicrosoftで機械学習とデータサイエンスのシニアディレクターを務め、Patterns & Predictionsのリサーチサイエンティスト兼パートナーでもあるChris Poulin(クリス・ポーリン)氏がDynaSetsの開発責任者として参画しています。このプロジェクトは最初は5人で始まりましたが、2021年9月には35人に拡大しています。2021年8月2日にはEthereumでβ版が開始され、2022年10月11日からV1がスタートします。その後は、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Cardanoなどの複数のチェーンにマルチ展開される予定です。

SingularityDAOは、単体では流動性の低いトークンをセットにすることで、ポテンシャルの高い新興プロジェクトへの資金の流れを提供し、流動性とボラティリティの問題を解決します。SingularityNETとSL2エコシステムに対応するトークンだけでなく、立ち上げ初期から中期にかけてのニッチなブロックチェーンプロジェクトの資金調達と成長を促進するために設計されています。

SingularityDAOのDynaSetsは、プロのヘッジファンドトレーダー2名とAIチームによって管理されます。伝統的な金融におけるETFに似ており、複数のレベルでAIを活用するように設計されています。DynaSetsでは、何十億ドルもの資産を扱うことが可能で、一度に数百万ドル相当の取引が実行できます。AIは動的なトークンセットであるDynaSetsを管理し、DEXでDynaSetsに流動性を提供するための予測的なマーケットメイキングを実行し、イールドファーミングや先物ベースのヘッジ戦略をモデル化します。

SingularityNETのマーケットプレイスとは、2023年Q1頃に統合される計画です。SingularityDAOの裏側で運用される予測モデリング、トレーディング、マーケットメイキングなどのアルゴリズムは、すべてSingularityNETのAIツールが利用されるため、DynaSetによる資金流入だけでなく、トランザクション増加によるAGIXの価格上昇も期待されています。

主要プラットフォームの特徴は以下の通りです。

  1. AIによるアルトコインバスケット:AIロボアドバイザーによって動的にキュレーションされたアルトコインのバスケットであるDynaSetsが購入できます。
  2. シンプルなユーザーエクスペリエンス:専門的な知識がなくても、システム内のすべての品質別にまとめられたDynaSetsを含むインデックスファンドであるMetaSetを購入することで、簡単にエコシステムに参加できます。
  3. アルトコインバスケットでのイールドファーミング:DynaSetトークンを流動性プールにステークすることで、ユーザーは独自のバリューゲインダイナミクスを使用してSingYieldトークンでファーミングすることができます。
  4. AIによるマーケット戦略:SingularityNET上で動作するAIアルゴリズムは、DynaSetsをリバランスし、流動性プールから借りたDynaSetsをトレードして価値を生み出します。
  5. 分散型ガバナンス:SingularityDAOは、参加者によって管理される真の分散型自律組織です。
  6. リキッドガバナンストークン:ガバナンストークンであるSingDAO(SDAO)は、SingYieldトークンをホールドすることで得られます。エコシステムに熱心な人がガバナンス投票を行うことができます。
What is SingularityDAO?
DAO(自律分散型組織)とは?

SingularityDAOは、何よりもまずDAO(Decentralized Autonomous Organization)であり、そのために機会や意思決定へのアクセスを民主化し、最大化することに専念しています。プロジェクトは、4年間で5つのフェーズを経て、ガバナンスシステムを構築していきます。

DAOとは、プログラムによって自己運営するネットワークを指します。基本的にはネットワークが信頼なしに構築され、経済的インセンティブによってソフトウェアが運営されます。ステークホルダーが個々の利益を追求していても、ネットワークが機能することが特徴です。SingularityDAOでは、液体民主主義(Liquid democracy)を採用し、ユーザーはガバナンストークンを使用して、直接投票するか代理投票をすることができます。個人的には、将来的にはASI(人工超知能)に代理投票を委任できる仕組みを期待しています。

提案に関するコミュニティディスカッションは、主にSingularityDAOのフォーラムで行われます。将来的には、独自に開発されたガバナンス投票システムが利用されますが、現在はDAO投票プラットフォームであるSnapshotが利用されます。

セキュリティと監査と保険

SingularityDAOは、2021年5月6日に第三者のセキュリティベンダーであるCertiKによる監査を受けています。CertiKはセキュリティ状況の監査において高い評価を受けており、その監査履歴は同社のウェブサイトで確認できます。また、2021年10月7日には、Hackenと長期監査契約を結んだことを発表しています。さらに、2021年12月23日には、Amazon(AWS)、Google Cloud、Microsoft、Apple、IBM、Nvidiaなどとのパートナーシップを結ぶ、エンタープライズレベルのソフトウェア開発のコンサルティング企業であるSoftServeとも提携しました。SingularityDAOでは、HITL(Human-in-the-Loop)モデルを導入し、当面の間はすべてのAI機能を人間が監督します。2022年11月18日には、分散型保険サービスを提供するInsurAceと提携し、プラットフォーム経由の紹介リンクから利用すると5%割引で利用できます。

監査済みであっても、スマートコントラクトに資金を預けることは常にバグや脆弱性のリスクを伴います。CeFiとDeFiは異なる仕組みで運営されるため、投資家はリスクを理解し、十分な慎重さを持って取引を行う必要があります。そのため、資金はCeFiと併用して運用し、失っても大丈夫な金額以上は絶対に預けないように注意しましょう。

ホワイトペーパー

以下、SingularityDAOのホワイトペーパーになります。

SingularityDAOは、AIBCドバイ2021でDeFiプロジェクト・オブ・ザ・イヤーを受賞

トークノミクス

3種類のレイヤーを表す3つのトークンがある

SingularityDAOのデザインは、EthereumのTokenSetsやCompoundなど、先行するDeFiプロジェクトと共通する特徴を持っていますが、いくつかユニークな側面も持っています。SingularityDAOのトークノミクスシステムは、2021年Q4にリリースされるDynaSetsと、そこから派生するSingYieldトークンによって、刺激的なテクノロジープロジェクトに対応する流動性の低いアルトコインを購入する機会を提供します。このエコシステムは、トークンのボラティリティを大幅に減少させる可能性があり、プロジェクトの生存率を高めることができます。

SingularityDAOには、以下の3種類のレイヤーを表す3つのトークンがあります。

  1. DynaSets(最下層):DynaSetは、動的に管理されたユーティリティトークンの集合体で、伝統的な金融におけるETF(上場投資信託)のようなものですが、流動性の高いアルトコインではなく、流動性の低いアルトコインを志向しています。DynaSetの管理は、一般的にSingularityNETのプラットフォーム上で動作するAIエージェントのロボアドバイザーなどによって行われます。
  2. SingYield(ミドルレイヤー):SingYieldと呼ばれるLPトークンを利用して、ファーミングやヘッジを行うことができます。このSingYieldトークンは、ETFのようなDynaSetトークンをベースにしており、スマートコントラクトがDynaSetトークンを自動的に取引(単純なアービトラージやAIベースの取引を含む)したい借り手に貸し出すことで得られる収益を共有できるようにします。
  3. SingDAO(最上:SingYieldトークンをプラットフォーム内に保持することで得られる、最上位のガバナンストークンです。このトークンを保有者はDAOの公式メンバーであることを意味し、メンバーはプロトコルの収益の一部を受け取ることができます。
SingDAO(SDAO) トークンのコントラクトアドレス
SDAOトークンの配布構成
SingularityDAOのガバンストークンのディストロビューション

SingularityDAOのガバンストークンであるSDAOは、ERC-20で総発行数は1億SDAOです。AGIコニュニティーには、総発行数の5%にあたる500万SDAOがエアドロップされます。プラットフォーム上でのインセンティブであるファーミングには、35%の3,500万SDAOが割り当てられ、3年間に渡って行われます。

2021年5月6日から行われたTGEでは、総発行数の25%にあたる2,500万SDAOが割り当てられ、シードランドの0.15ドルから始まり、最終的には0.4ドルで販売され、合計5,116,667ドルが調達される予定です。初期投資家には、AlphaBit、Genesis Block Ventures、SMO Capital、QCP Capital、AU21、Marshland Capital、Jun Capital、Magnus Capital、Moonwhale Ventures、PhoenixVCなどのベンチャーキャピタルおよび投資会社が参加しています。

その他のトークンの内訳は、コミュニティボランティアが0.25%、エコシステムファンドに14.7%が割り当てられ、創業者およびチームには15.05%、SingularityNET財団には5%が分配されます。SDAOのディストリビューションには、基本的にスマートコントラクトによる権利確定構造が導入されています。集めた資金の使い道は、初期の流動性供給予算(50%)がほとんどで、残りは人件費(HR)に25%、一般管理費(G&A)に10%、取引所のリスティングに15%が割り当てられます。SDAOは、Uniswap、PancakeSwap、Gate.io、Huobi、KuCoin、Orion Protocol、MEXC Global、Bitrue、SingularityDAOで購入することが可能です。

以下は、トークンのアロケーションとリリーススケジュールになります。

アロケーション割合総供給調達額(米ドル)権利確定の時期
AGI保有者エアドロップ5.00%5,000,0004ヶ月
ファーミング35.00%35,000,00036ヶ月
コミュニティボランティア0.25%250,00012ヶ月
エコシステムファンド14.70%14,700,000
シードラウンド3.33%3,330,000500,000
(@0.15)
12ヶ月
プライベートセール11.28%11,275,0002,255,000
(@0.2)
12ヶ月
コミュニティセール8.06%8,058,0001,611,667
(@0.2)
12ヶ月
パブリックセール
(LaunchPad)
1.33%1,330,000400,000
(@0.3)
パブリックセール
(DEX)
1.00%1,000,000400,000
(@0.4)
SingularityNET財団5.00%5,000,000※調査中
チーム&アドバイザー15.05%15,050,000※調査中
パブリックセールのIDOはLaunchpool(833,000 SDAO)とPoolz(500,000 SDAO)で実施
SDAOのリリーススケジュール

SDAOトークンのエアドロップ

SingularityDAOでは、2021年5月から毎月ガバンストークンであるSAOがAGIトークンの保有者にエアドロップされます。エアドロップは4ヶ月に渡って行われ、総発行数の5%にあたる500万SDAOが希望者に配布されます。参加方法は若干複雑です。まず、エアドロップを受け取るには1,000AGIを保有する条件が必須で、以下の3タイプに分かれます。

  1. ステイカー:ステーキングポータル(staking.singularitynet.io)でステーキングしていた人
  2. ホルダー: 秘密鍵を保有するプライベートウォレットでAGIを保有していた人
  3. リキッドプロバイダー:流動性プロバイダーとしてDEX(Uniswap)にAGIX-WETHを提供する人(2021年6月分以降)
初回を逃した方はリキッドプロバイダーとしてのみ参加が可能

エアドロップで配布される500万SDAOは、大きく分けてステイカーに200万SDAO、ホルダーとリキッドプロバイダーに300万SDAOが配布されます。

ステイカーとホルダーの対象者は、2021年4月17日23:59 UTCに行われたスナップショットで1,000AGI以上を保有して参加したアカウントに限定されます。初回のスナップショットに参加できなかった場合は、2021年6月18日にUniswapで行われるリキッドプロバイダー向けのスナップショットに参加することができます。この際、ステイカーとホルダーは、最初のスナップショットよりも残高が減少した場合、その後の報酬は低い残高に基づいて変更され、以後増やすことはできません。また、保有しているAGIが1,000以下になった場合、その時点で参加資格を失います。

ステイカーに関しては、継続してステーキングを行うことで参加資格が翌月に引き継がれます。分配される200万SDAOは、半分の100SDAOがアカウント毎に均等に分配され、残りの半分は保有するAGIに比例して分配されます。ステイカーになるために、新たにステーキングを行った場合でも、その報酬タイプに入ることはできません。

ホルダーとリキッドプロバイダーの割り当ての300万SDAOは、次の関数を利用した分配曲線に従って配布されます。

報酬= total_reward * log10(1 + user_balance)/ SUM(log10(1 + user_balance)※アルゴリズムlog10の詳細はコチラから

全てのエアドロップ参加希望者は、各セッションの3日前からSingularityDAOのサイト上のAirdrop Portal(SAP)で登録手続きを行う必要があります。登録手続きには一切ガス代はかかりませんが、実際のトークンの請求にはガス代がかかります。請求は最終受取期限である2021年8月23日までに一括で行うこともできますし、必要に応じて各セッション後に行うこともできます。最終8月分に関しては、8月2日にβ版のローンチによってリクイディティプールが立ち上がるため、再度スナップショットが8月1日に行われます。以下は、4ヶ月間のスケジュールになります。

5月分6月分7月分8月分
登録期間
(72時間)
5月13日 12AM UTC

5月18日 23:59 UTC
6月20日 12AM UTC

6月23日 11:59PM UTC
7月13日 12AM UTC

7月16日 11:59PM UTC
8月13日 12AM UTC

8月16日 11:59PM UTC
請求開始日5月20日 12PM UTC6月25日 12PM UTC7月17日 12PM UTC8月18日 12PM UTC
配布数
SingDAO
875,000
(17.5%)
1,125,000
(22.5%)
1,375,000
(27.5%)
1,625,000
(32.5%)
最終的に未請求分はコミュニティーに分配されます

DeFiにおけるAIの有効活用

SingularityDAOのDeFiサービスは、あらゆるレベルでAIを有効活用するよう設計されています。エコシステムで使用される価格参照データにはChainlinkの価格フィードが、データセットにはOcean ProtocolのOcean Marketが利用され、AIエージェントは貴重なデータを売買することができます。

  1. AIロボアドバイザーは、初期のDynaSetの管理に使用されます。
  2. AIボットは、イールドファーミングから借りたDynaSetに基づいてリターンを生成するために使用されます。
  3. AIストラテジーは、DynaSetやイールドトークンのヘッジに使用され、エコシステム全体のボラティリティを低減させます。
SingularityDAO専門用語集
  • DynaSets:DynaSetsは、Liquidity Poolsに資金を入れて手数料を稼ぎ、SDAOトークンをファーミングするオプションがあります。ただし、DAMにリバランスするために、1回の引き出しできる資産は33%に制限されています。
  • Dynamic Asset Manager(DAM):DAMは、1inch Networkと相互作用するマルチレイヤーのスマートコントラクトを使用して取引を実行し、DynaSetの保有資産の比率を管理します。DAMには、AI、人間、およびAIと人間の組み合わせの3つのパターンがあります。
  • 分散型ショートポジション:DAMは、流動性プールから暗号資産を借りてショートポジションを構築し、ポジションをクローズして借りた資産を流動性プールに返済することで、分散型ショートポジションを実現します。
  • オプティマイザー:オプティマイザーは、流動性プールからDynaSetトークンを借りて、利息を支払いながら返済し、流動性プールを拡大します。利息をより多く支払うオプティマイザーには、より高いLPトークンの報酬とレピュテーションスコアが与えられ、競合との入札が優先されます。
  • リバランス:DynaSetsは、時間が経つにつれて、裁定取引の機会を作成し、バランスとウェイトを徐々に調整することでリバランスされます。ただし、流動性の低いオンチェーンを通じてリバランスする方法は、DynaSetにかなりの損失をもたらす可能性があります
  • 重量調整:DynaSetsには、各アセットのターゲットウェイトパラメーターが設定されており、内部スワップを通じてリバランスするために、トークンのバランスを増減させることで、ターゲットウェイトに近づけます。各DynaSetには、最小更新遅延(デフォルト1時間)と重み変更係数(デフォルト1%)が設定されています。
  • Forge(フォージ):SingularityDAOには、「Forge」機能があり、異なるDynaSetの複数のトランザクションを統合して、小さなトランザクションを大きなトランザクションにまとめて実行します。
  • プライスプレディクター(価格予測):Binanceなどの取引所から取得した市場データを利用し、あらゆる種類の市場、ファンダメンタル、センチメントのデータから、AI/MLに基づいて将来の資産価格を予測します。
  • ストラテジーエバリュエーター:様々な戦略を過去のデータでバックテストし、現在の市場環境に最適なストラテジーをポートフォリオバランサーに推奨します。これらの戦略は、DynaSetが在庫をリバランスするための最適な方法を指定します。
  • ポートフォリオプランナー:オンチェーン市場のデータを使用し、価格予測から価格トレンドとボラティリティ予測を行います。トークンに長期的な重みを提供し、制限されたボリュームとリスクレベル内で、DynaSetの長期投資戦略の計画と構築を支援します。
  • ウェイトエージェント:トークンの短期的な重みを提案し、ポートフォリオバランサーが短期的なリスクを考慮してポートフォリオの在庫を調整するのに役立ちます。
  • センチメントウォッチャー:ニュースフィード、オンラインメディア、ソーシャルメディアでの特定のトークンに関する話題や、暗号関連の話題全体を監視し、価格予測ツールとシグナルジェネレーターにフィードします。
  • シグナルジェネレーター:価格変動やセンチメントの話題を予測し、市場のモメンタムに応じて、指値注文の作成、キャンセルなど、トークンの売買のタイミングを教えてくれます。
  • ハードルレート:DynaSetにおいて利用される指標で、原資産のパフォーマンスに基づいて設定されます。例えば、ある期間内にBTCが10%上昇し、DynaSetが15%上昇した場合、ハードルレート以上の収益は5%になります。複数のアセットを扱うバスケット型のDynaSetでは、原資産の時価総額加重平均に基づいてハードルレートが設定されます。

Forgeと1inchを活用したDynaSetsの取引

SingularityDAOのDAMは、1inch Aggregation Protocolを使用して、最も効率的でコスト効果の高いルートを見つけて取引を実行します。1inchでは、1つの取引を複数の小さな取引に分割し、様々な流動性プールで同時にスワップを実行することができるため、特定のスリッページ閾値を超えたり、マーケットで不必要な価格変動を引き起こすことなく取引ができます。これにより、手動で複数の取引を実行する場合に比べて、手数料の効率と取引のスピードが大幅に向上します。

また、SingularityDAOのForgeでも1inchと同様の機能が利用できるため、DynaSetへの流動性付与においても大幅に手数料を引き下げることが可能になります。Forgeは、エンドユーザーとDynaSetの両方の手数料に影響を与えます。

DynaSetの取引フロー

SingularityDAOの使い方

SingularityDAOでは、分散型ヘッジファンドであるDynaSetsがマーケットメイカーとして機能する他に、様々なDeFiサービスが利用可能です。このプラットフォームはマルチチェーン展開されており、随時各チェーンに対応した商品が利用可能になります。SingularityDAOのDAppには、こちらからアクセスすることができます。以下では、各カテゴリーの機能について解説します。

1)DynaSets(ダイナセット)

DynaSetsには、現在、dynBTC、dynETH、およびレバレッジ取引(ロング&ショート)が可能なdynDYDX(β版)の3種類があります。BSC版がスタートすると、BNBチェーン上のL1のトークンセットdynL1BNB(β版:BUSD、ADA、WBNB、XRP、MATIC、ETH、WSOL、AVAX、DOT、BTCB)が追加されます。

各DynaSetは最低500ドルから利用可能で、取引終了時には管理手数料と成功報酬費用が請求され、管理ウォレットに送金されます。管理手数料は、運用コスト(例えば、ガス代)をカバーするために必ずかかります。成功報酬費用は、ハードルレートを上回る利益に対して課金されます。運用期間は3ヶ月毎で、期間内に償還する場合は別途手数料が発生します。ただし、β版のdynDYDXは途中償還不可となっています。

  1. 管理手数料:各DynaSetで指定された固定費用であり、運用コスト(たとえばガス代)に充てられます。この費用は、運用パフォーマンスに関係なく必ず課金されます。
  2. 成功報酬:ハードルレートを超える利益に対して課金される手数料です。各DynaSetで指定された成功報酬費用が掛かります。成功報酬手数料の75%はDAMに、残りの25%がDAOメンバーに分配されます。
  3. 途中償還手数料:DynaSetを途中で償還する場合に発生する手数料です。手数料の率は、30~0日で5%、60~30日で4%、90~61日で2.5%です。
  • dynBTC、dynETH:管理手数料は年率1%、成功報酬10%
  • dynDYDX:管理手数料は年率2%、成功報酬20%、償還はUSDCのみ
オープンβ版の運用実績

2022年4月12日から6月27日までのオープンβ版の運用実績をご報告します。BTCについては、HODLした場合と比較して159.3%(約765%APR)、ETHについては212%(約1018%APR)という、驚異的なパフォーマンスを収めました。β版ではロング戦略のみでしたが、V1ではデリバティブサービスを提供するdynDYDX(β版)でショート戦略とレバレッジ機能が開始されます。

dynBTC: 84.18% BTC: 48.71%  差異 :+ 35.47%
dynETH:86% ETH:37.72%  差異 :+ 48.28%
2)Vaults(ヴォールト)

SingularityDAOでは、SDAOやLaunchpadで資金調達したSL2プロジェクトのシングルアセットによるステーキングや、デュアルトークン(LPトークン)でファーミングを行うことができます。

  1. Epoch Vaults:ロック期間(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)があるステーキングサービスです。各エポックの最初の5日間は入出金期間に該当し、報酬は発生しません。トークンは引き出しを行わないと、自動的にロールオーバーされます。
  2. Unbonded Vaults:いつでも自由にトークンの追加や引き出しが可能なステーキングサービスです。
  3. Yield Vaults:AMMDEXにSDAO、NTX、AGIXなどを軸にしたペアに流動性を提供することによって、LPトークンでファーミングプールに参加することができます。SingularityDAOでLPトークンを作成することも可能ですが、基本的にEthereumではUniswap、BSCではPancakeSwapのLPトークンを利用します。
3)DEX(デックス)
  • Swap:AMMDEXのスワップ機能を利用することで、SingularityNETのエコシステムトークンなどを入手することができます。
  • Liquidity:流動性を追加するために、LPトークンを作成することができます。
  • Bridge:SingularityDAOでは、Multichainのブリッジソリューションを活用しています。これにより、トークンは対応したチェーン間で移動することが可能です。ただし、クロスチェーン手数料(0.1%)とトランザクション手数料が必要になります。将来的には、ブリッジに流動性を提供することで、SingularityDAOでステーキング可能なLPトークン(AnySDAO)を受け取ることができます。
4)Launchpad(ローンチパッド)

SingularityDAOのLaunchpadでは、SingularityNETのSL2や厳選された高品質のプロジェクトのトークンセールが行われます。このLaunchpadで販売されたトークンは、今後のDynaSetsに含まれる可能性が高いです。

Launchpadでは、販売されるトークンがラウンド1のDAOメンバー向けに割り当てられ、ラウンド2で売れ残りが先着順 (FCFS)で一般販売されます。イベント当日は、KYCを通過した人なら誰でも参加できます。

DAOメンバー向けの販売は、ステイクしたSDAOに基づいて、以下の5つのティアに分かれて割り当てられます。メンバーは、競争を避け、無駄なガス代を支払うことなく、最大割り当て数まで購入することができます。また、ステーキングの条件であるUnbonded Vaultsも対象となります。

※SingularityNETのエコシステムプロジェクトのLaunchpadに関しては、AGIXなどによる追加の参加手段が用意され、該当トークンのステイカーは一度に両方のプールに参加することができます。

ティアSDAOプール
(ERC20/BEP-20)
AGIXプール
(ERC20)
S20,000 SDAO40,000 AGIX
A10,000 SDAO20,000 AGIX
B 5,000 SDAO10,000 AGIX
C2,500 SDAO5,000 AGIX
D1,000 SDAO2,000 AGIX
AGIXプールに関してはステーキングポータルも含まれます。

上記は、Rejuve.AIで実際に行われたティアの割合になります。 KYCの完了後、各階層の参加希望者数に応じてトークンの割り当てが決定されます。

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

AIの力で進化するDeFi!SingularityDAOの概要とSDAOの魅力” に対して2件のコメントがあります。

  1. 前田 より:

    dynasets(dynETH)の始め方を教えて下さい。
    ウォレットにERC20のWETHかUSDCを用意して接続すれば完了ですか?
    それとも両方必要でしょうか?

    1. cryptocurrency3 より:

      WETHとUSDCのいずれかで大丈夫です。但し、現在はβ版からv1への移行タイミングでサービスは一時停止中になります。
      宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA