カルダノとADAの概要と今後のロードマップ

カルダノのロゴ

カルダノ(Cardano)の概要

Cardano(カルダノ)は、一言で言うと第3世代のブロックチェーンです。第1世代(Bitcoin)と第2世代(Ethereum)を改良した第3世代のブロックチェーンとして設計されており、スケーラビリティ(拡張性)、インターオペラビリティ(相互運用性)、サステナビリティ(持続可能性)の3つの問題解決に取り組んでいます。

カルダノのビジョンは、「オープンで包括的なテクノロジーの新基準をもたらし、古いものに挑戦し、持続可能なグローバルな分散型イノベーションの新時代を活性化する事」です。カルダノ財団は、2019年12月13日にアイルランドのMcCann Dublin社と提携し、ブランドの再編を行っています。

また、カルダノは科学哲学と学術研究を駆使して誕生した、初のプロックチェーンプロジェクトになります。多くの暗号通貨プロジェクトは実験的側面が強く、走りながら開発を行っているので、後から問題が発覚することが少なくなくありません。一方カルダノでは、他のプロジェクトと違って学術的な論文をベースに開発しており、学会などに提出した論文を多くの研究者からレビューやフィードバックを受け、学術的に正しく安全な設計であると確認されてから開発している為、後から問題が起こる事が無いと言われています。

まず、カルダノのブロックチェーンは「会計」と「計算」が違う、2つのレイヤーで構成されています。ADAの取引などの決済とトランザクションを追跡するのがCardano Settlement Layer(カルダノ・セトルメントレイヤー)で、スマートコントラクトとアプリケーションの実行を行うのがCardano Computation Layer(カルダノ・コンピュテーションレイヤー)です。こうしてレイヤー構造を分ける事により、新しい機能をテストする際にはコンピュテーションレイヤーをサイドチェーンとして利用し、メインチェーンでのフォークを避ける事を可能にします。

またカルダノのハードフォークコンビネータ技術は、大幅な調整を行うことなく、複数のプロトコルの組み合わせを可能にするように設計されています。これにより古いプロトコルから新しいプロトコルへのスムーズな移行が可能になり、一般的な初期のブロックチェーン世代のリスクが高い不確実なハードフォークと違い、安全に制御された形でのソフトウェアアップデートが可能になります。

なお、現在カルダノの残高管理は、Ethereumで利用されているアカウントベースモデルではなく、ビットコインと同じUTXOモデルを拡張したものを採用しています。また、カルダノのアルゴリズムは、エディンバラ大学のアゲロス・キアイアス教授(IOHKのチーフサイエンティスト)が率いるチームによって設計された、ウロボロスと呼ばれるProof of Stake(PoS)を使用しています。

カルダノプロジェクトのトロイカ体制
カルダノ財団 IOG EMURGO

2015年2月にスイスのカルダノ財団の設立から始まったプロジェクトは、香港のIOHK(現:IOG)、日本のアテインコーポレーション(現:EMURGO)の3社による、合同プロジェクトとして立ち上がりました。その後、カルダノのメインネットは2017年9月29日にリリースされ、現在3社の従業員は総勢300名を超えています。以下が、主な3社の役割分担になります。

  1. Cardano Foundation(カルダノ財団)-スイス:カルダノとカルダノエコシステムの発展を監督する独立した標準化団体です。カルダノユーザーと商業コミュニティを育成し、成長させ、教育すること、規制や商業に関する事項について当局と関わること、そしてブロックチェーンと暗号通貨標準化団体として活動しています。
  2. IOG(インプットアウトプットグローバル)-米国:学術機関、企業、および政府機関向けの暗号通貨とブロックチェーンを構築するテクノロジーおよびエンジニアリング企業です。カルダノプラットフォームの設計、構築、および保守を2020年まで請け負う契約を結んでいます。現在30名程度の暗号学者や数学者と150名程度の開発者が在籍しています。
  3. EMURGO(エマーゴ)-シンガポール:シンガポール、日本、米国、インド、インドネシアにオフィスを構えており、グループ全体で50名程度で構成されています。事業領域によっていくつかに分かれており、主にアプリケーション・ベンチャーへの投資を通じてカルダノプラットフォームの採用を促進し発展させる活動をしています。

以下、カルダノのホワイトペーパーになります。

Cardano Brand Animation Evergreen

カルダノ(Cardano)ロードマップ

以下カルダノホームページのCardanoロードマップより

カルダノは、大きく分けて5段階の開発構成になっています。各開発期間は特定の機能に基づいて設計されており、複数回のコードリリースによって実現されます。現在は2020年7月30日にアップデートされた2番目のShelley期に該当します。カルダノの各開発期は順を追って配信されますが、開発作業は並行して行われています。研究、プロトタイピング、開発が異なるラインで同時進行しているケースが多々あります。

  1. Byron(バイロン):基礎(2017年9月29日~)
  2. Shelley(シェリー): 分散化(2020年7月30日~)
  3. Goguen(ゴーグエン): スマートコントラクト(2021年第2四半期予定~)
  4. Basho(バショウ): スケーリング
  5. Voltaire(ボルテール): ガバナンス
1)Byron(バイロン)- 基礎

Byron期は、何千にも及ぶGitHubコミットや何百時間もの研究を経て、2015年の財団設立から2年後にようやくスタートしました。

カルダノが実体化したことにより、カルダノ財団、IOHK(現:IOG)、EMURGOの3社連合型ネットワーク上で、革新的な女性プログラマーであるエイダ・ラブレスに因んだADAの取引が出来るようになりました。ネットワークの中枢であるアルゴリズムのウロボロスは、学術研究を基盤に構築された最初のPoSであり、数学的に保証されたセキュリティレベルを誇ります。

さらにByron期には、IOGのADA専用公式デスクトップウォレット「ダイダロスウォレット」、EMURGOからは迅速なトランザクションとデイリーユースを目的に開発されたライトウォレット「ヨロイ」が提供されました。

Byron期は最初の技術開発期として位置付けられますが、同時に熱狂的なファンによる小さなグループからグローバルなコミュニティへと成長を遂げた時期でもあります。この頃にはADAは30以上の取引所に上場し、時価総額でも世界レベルの暗号通貨として認められました。

2)Shelley(シェリー)- 分散化

Shelley期は、ネットワークの成長と発展の時代です。メインネットの公開から始まったByron期とは異なり、Shelleyへの移行はスムーズに行われるようにデザインされています。

Byron期のネットワークは3社の連合型でしたが、Shelley期にはカルダノコミュニティによって実行されるノード運営に徐々にシフトして行き分散化が最適化されます。ノードの過半数がネットワーク参加者により実行されるようになると、Cardanoは分散性を高めて安全性と堅牢性も飛躍します。

また、Shelleyではステークプールとコミュニティによる運営を促進する、委任及びインセンティブスキームが導入されます。ゲーム理論とPoSに関する最新研究を通して、繊細にデザインされたアルゴリズムにより、ユーザーはコミュニティの常駐ノードであるステークプール(SPO)に自分のステークを委任し、ネットワークに参加する事によって報酬を得ることが出来ます。

現在の主要なブロックチェーンプロジェクトは10に満たないマイニングプールにコントロールされていることが多く、悪意のあるグループや個人の攻撃者によりネットワークが侵害されるリスクに晒されています。一方、カルダノでは約1,000のステークプールで均衡点に達するようにデザインされたインセンティブスキームが導入されており、Shelley期が終了するまでに他の大規模プロジェクトの50~100倍に分散化されるだろうと期待されています。そればかりでなく、ビットコインのPoWが大量の電力が必要なのに比べて、カルダノのPoSでは家1件分の電力で賄うことが出来ます。

Shelley期はネットワークの自然な成熟期を顕現しています。実用性と報酬が増し、新規ユーザーと従来のユーザー共にカルダノの価値が高まります。Shelleyが完全に分散化されたネットワークの下地を作り、Goguen、Basho、Voltaire期には、まったく新しいアプリケーションエコシステム時代が到来します。

3)Goguen(ゴーグエン)- スマートコントラクト

Goguen期の目標の一つに、Plutus(プルータス)の構築があります。Plutusは、関数型プログラミング言語のHaskellのメリットを持つスマートコントラクトの作成を可能にします。1つのコードベースで、オンチェーンとオフチェーンのコンポーネントの両方をサポートするので、既存のスマートコントラクトの実装に比べて一貫性と開発における有用性が向上します。

また、GoguenではPlutus上に構築された金融コントラクト用のDSL(ドメイン固有言語)である、Marlowe(マーロウ)を使用する事が可能になります。このMarloweには、プログラマーでなくとも金融関係のスマートコントラクトを簡単に構築できる、アプリケーション構築プラットフォームMeadow(メドウ)が搭載されています。MarloweとMeadowにより、金融アプリケーション用スマートコントラクトの作成が簡易化され、業界の専門家がプログラミングの専門的なスキルを必要とせずに、直接携わることが可能となります。これにより実社会でも適用出来る、エンタープライズレベルのスマートコントラクトを提供出来ます。

カルダノにスマートコントラクトという新たな機能性が加わると、核となる改良も行われ、有用性をさらに拡大するためのマルチ通貨台帳が追加されます。これにより、ユーザーは新規の暗号通貨の作成だけでなく、多くの資産をトークン化する事が可能となります。これには、複数の暗号通貨が絡むスマートコントラクトとDAppsの統合を簡易化するというメリットがあります。

Goguenは、エンタープライズレベルのスマートコントラクトとDAppsへの開発の道を開く、カルダノの機能性における大変革期です。そしてBasho、Voltaire期には、さらにエキサイティングな機能性が到来します。

4)Basho(バショウ)- スケーリング

Basho期は最適化、スケーラビリティの改良、そしてネットワークの相互運用性の開発です。これまでと違い、規模の拡大と大量のトランザクションを伴うアプリケーションの導入サポートを強化するために、ネットワークの基盤となるパフォーマンスの改善に注力します。

Bashoの核となる開発の一つがサイドチェーンの導入です。サイドチェーンは、カルダノメインチェーンと相互運用性を持つ新たなブロックチェーンで、ネットワークの機能性拡張に多大な潜在性を秘めています。メインチェーンからネットワークのキャパシティを拡大するためサイドチェーンへ仕事を移すことにより、サイドチェーンはシャーディングメカニズムとして機能し、新機能を実験的に導入する際にも活用できます。

また、BashoではカルダノのメインチェーンがUTXOモデルを継続する一方で、アカウンティングモデルを並行して機能させられるようになります。サイドチェーンを使用する事によりアカウントベーススタイルを追加し、UTXOと切り替えて使用することが可能になります。この結果、カルダノの相互運用性が飛躍的に高まると共に、ネットワークは新しいタイプのユースケースをサポートする事が可能になります。

総括的に言えば、カルダノは業界屈指のパフォーマンス、強靭さ、そして柔軟性を誇るブロックチェーンプラットフォームへと成長します。そしてネットワークインフラストラクチャーはサステナブルかつ安全に拡大し、ネットワークの中枢における信頼性を損なうことなく、新たな機能性を追加する能力を得るのです。

5)Voltaire(ボルテール) – ガバナンス

カルダノネットワークが真に分散化されるためには、Shelley期に導入された分散型のインフラストラクチャーのみではなく、長期に渡る維持と改良を分散化された方法で行うことが出来る機能が必要です。そこでVoltaire期には、カルダノネットワークが自給自足型システムになる為に必要な最後のパーツ「投票システム」と「トレジャリーシステム」の2つのシステムが組み込まれます。

Voltaireでは、ネットワーク参加者にカルダノの改良案を提示する提案能力が付与されます。この提案は、ステーキングや委任に使用される既存のプロセスを活用して、ステークホルダーによる投票システムによって提案の可否が決定されます。このシステムによって、ネットワーク参加者はネットワークの将来の開発に、影響を及ぼすことが出来るようになります。

Voltaireでは、将来のネットワーク開発の為の資金源としてトレジャリーシステムも追加されます。これは全てのトランザクションに手数料が課金され、ステーキング報酬の20%がプールされます。トレジャリーシステムは、投票プロセスに従って決定された開発案件に資金を提供します。

投票システムとトレジャリーシステムが搭載されて初めてカルダノは真に分散化を果たし、IOGの管理下から離れてコミュニティの手に委ねられます。コミュニティには、IOGによって確立された安全で分散化された基盤から、カルダノの成長、進化をさせる為に必要な機能が全てが引き渡されます。

カルダノ便利ツール
  • Cardanoscan:カルダノのブロックチェーンエクスプローラーです。
  • Innovation platform:コミュニティーがプロジェクトカタリストの提案者をインスパイアするためのブレインストーミングフォーラムです。
  • Daedalus Wallet:ダイダロスウォレットのダウンロードが可能な公式サイトです。
  • Yoroi Wallet:ヨロイウォレットのダウンロードが可能な公式サイトです。
  • ADApools.org:各SPOのステーク、誓約、ROA、および手数料などが確認出来ます。
  • PoolTool:SPOと委任者間の相互作用を促進する為に構築されたプラットフォームです。ステーキング報酬の履歴も確認出来ます。

カルダノ エイダ(ADA)トークンクラウドセール

ADAは1期目約0.24円、2期目約0.26円、3期目約0.28円、4期目約0.3円で交換された

カルダノは、独自のネイティブトークンであるADAを発行しています。2015年9月-2017年1月の間、日本をはじめアジア8カ国(韓国、中国、タイ、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナム)で開催された4段階のトークンクラウドセールで資金調達が行われました。エイダバウチャーの主導販売は、日本とイギリスの両方で代理人を務めたアティンコーポレーションによって行われ、総発行数450億ADAのうち約260億ADAがクラウドセールに割り当てられました。期間中一口最低1,000ドルからBTCで交換が可能で、1ADAあたり平均0.00242ドルで取引されました。

カルダノが最終的に集めた金額は6200万ドル(約69億円)にのぼり、エイダを購入した約1万4000人のうち94%が日本だったと言います。当時EthereumがICOで集めた金額は約1,800 万ドル(約18億円)であり、いかにカルダノの資金調達額が大きなものであったかを物語っています。当初カルダノは、ゲームとギャンブル市場をターゲットにしているとされていましたが、資金調達後に現在のスタイルにピボットし、これまでに最大の世界的ブロックチェーンプロジェクトの1つになっています。

 Input Output Global(IOG)のチャールズ・ホスキンソン氏の経歴

カルダノの開発を請け負うIOG(旧:IOHK)のCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、1987年11月5日生まれ(33歳)のアメリカ合衆国の数学者です。

2013年7月にSteem、EOSの創設者であるダニエル・ラリマー氏と共にBitsharesの立ち上げを目指し、Invictus Innovations(インヴィクタス・イノベーションズ)を設立しました。Bitsharesは、分散型自立企業(DAC)や分散型取引所(DEX)の構築を目的にしており、アルゴリズムに20人前後の承認者(witness)からなるDelegated Proof of Stake(DPoS)を採用しています。しかし、ホスキンソン氏は創業者間の喧嘩が絶えなかったとの理由で、インヴィクタス・イノベーションズを4ヶ月で退社しています。

その後、2013年12月にヴィタリック・ブテリン氏やPolkadotのギャビン・ウッド氏らと共に、Ethereumの創設メンバーの一人として参加。チャールズ氏らはビジネスの構築を担い、ヴィタリック氏らが技術面を担当しました。しかし今回もEthereumの組織形態(法人もしくは非営利)に関する意見の違いを理由に、プロジェクト参加から僅か半年後の2014年5月にチームを去る事になります。

現在カルダノプロジェクトに取り組むIOGは、2015年3月にEthereumで一緒に仕事をしていたジェレミー・ウッド氏と共に2人で創業されました。当時このパートナーであるジェレミー・ウッド氏は、日本の大阪で暮らしていました。これがアテインコーポレーションによって、ADAのクラウドセールが日本を中心に展開された、大きな理由の一つになっています。

IOGのアフリカ大陸の取り組み

IOGは、銀行口座を持たない「30億人」の為の金融システムの構築に取り組んでいます。カルダノのウォレット「Daedalus」とカルダノ上に構築された分散型IDソリューション「Atala PRISM」の開発を行い、長期的な重点開発拠点としてアフリカを挙げています。IOGは、アフリカ大陸25カ国に進出するエチオピアのコワーキングスペースである「iceaddis」と協力し、カルダノブロックチェーン技術の活用や教育を通して地元の起業家を支援しています。またSingularityNETとも提携し、エチオピアのオフィスを統合しています。SingularityNETは、2014年からエチオピアに拠点を置き、彼らのパートナーであるアディスアベバの「iCog Labs」を通じて、学生向けにAI開発と教育を促進しています。

IOGのプロジェクトがエチオピア、タンザニア、ケニア、ナイジェリア、南アフリカの5つの重点国で成功した暁には、更に20カ国に拡大しプロジェクトを拡張させる予定です。なお、2019年よりジョージア政府と提携し、PRISMのパイロット検証を実施しています。以下、Atala PRISMを中心としたIOGのアフリカ大陸における具体的な取り組みになります。

  • エチオピア:政府の教育省と提携し、PRISMを活用してエチオピアの3,500校に在籍する500万人の生徒と75万人の教師に生徒の成績を追跡するためのシステムの開発を計画。
  • タンザニア:World Mobile Group社の株式の10%を取得し、再生可能エネルギーを活用したモバイルインターネットサービスを提供します。2022年の第1四半期までに数十万人の顧客にPRISMのIDを提供し、金融、医療、教育サービスや支払い方法としてADAを使用する事を計画。

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA