シンギュラリティネットAGIステーキングのやり方:流動性プール編

SingularityNETのステーキング概要

2020年4月からSingularityNET(シンギュラリティネット)ではプラットフォームの法定通貨と暗号通貨間の両替時の「流動性プール」として、β版のステーキングシステムが導入されました。この流動性プールではAGIトークンを提供する代わりに、ステーク量に応じて毎月10万AGIがインセンティブとして参加者に分配されます。ステーキング方法は30日毎のロックアップで、Ethereumのスマートコントラクトで動き、ステークウィンドウは満期日の7日前から開かれます。

あなたがステークしたAGIトークンは、プールの一部としてゲートウェイのバックエンドで法定通貨とAGIの交換を仲介するために使用されます。今の所ユーザー毎に許可される最大金額や、ステーキングに預け入れ可能な上限はありませんが、将来変更される可能性はあります。また現在の報酬はAGIですが、ステーキングに対する他の報酬も導入される可能性があります。

ゲートウェイ(法定通貨-暗号通貨)の仕組み

SingularityNETのエコシステムにおけるステーキングの役割は、法定通貨/暗号通貨ゲートウェイと密接に結びついています。これにより、ユーザーはプラットフォーム上のAIプロバイダーや他のユーザーの支払いに、完全に法定通貨を使ってやりとりすることが可能になります。一方で、AIサービスとそのユーザーの間で交換されるすべての価値は、必ずバックエンドでAGIトークンが使用されます

このようなゲートウェイを設計することで、SingularityNETプラットフォームは法定通貨の利便性をユーザーに提供すると同時に、SingularityNETネットワークの理念と運営の鍵となるAGIトークンの独自の経済ロジックと共存することが出来ます。

  1. 法定通貨から暗号通貨の両替:プラットフォームではPayPalのインターフェイスが構築されており、ユーザーはPayPalウォレットを使ってプロバイダーからAIサービスを購入することができます。
  2. 暗号通貨から法定通貨の両替:まだ構築されていませんが、AIサービスプロバイダーはプラットフォーム上で得たAGIトークンを自動的に法定通貨に変換することが可能になります。

なぜゲートウェイにステーキングが必要なの?

バックエンドでゲートウェイを機能させるためには、継続的にゲートウェイの運営者(シンギュラリティネット財団、または財団が指名する事業体)が法定通貨とAGIトークンの交換を行う必要があります。

ユーザーが法定通貨でAIサービスの料金を支払うと、この法定通貨をAGIに変えてAIエージェントに支払う必要があります。逆にサービス提供者がAIエージェントにアクセスするために法定通貨での支払いを要求した場合、エージェントが支払いとして受け取ったAGIを法定通貨に交換する必要があります。

これらの一連のプロセスを行うには、実際にはAGIトークンの「流動性プール」が必要です。AGIを法定通貨に交換する必要がある場合は法定通貨を、法定通貨をAGIに交換する必要がある場合はAGIをそれぞれ用意しておく必要があります。ステーキングは、このゲートウェイが必要とする交換を仲介するために利用できるAGIトークンの追加プールを確保するためのエレガントな方法になります。

ステーキングのタイムライン

1回のステーキングセッションには次の段階があります。

  • ステークウィンドウ期間
  • ステーキング期間
  • オプトアウト期間
  • 撤退期間

ステーキング期間の呼び出しが終了し、リクエストが受け入れられると、指定された期間のステークウィンドウが開始されます。トークンは、そのウィンドウの期間中スマートコントラクトにロックされます。その後ウィンドウの終わりに向けて、次の2つのことが起こります。

  1. ステーキング期間の新しい呼び出しが開始されます。現在のウィンドウの終了時に、ユーザーがトークンの返還を要求できる期間があります。
  2. ユーザーがトークンの返還を要求しない場合は、次のウィンドウで報酬トークンとともに自動的に再ステークされます。希望しない場合は、ユーザーは自動更新をオフにすることができます。その場合、トークンは再ステイクされず、代わりにスマートコントラクトの中で引き出し可能な状態になります。これらの操作はすべて、使いやすいAGIステーキングDAppを介して実行できます。

ステークウィンドウが終了した直後に、そのウィンドウ内のステークされたプール全体のシェアに比例して、ステーク報酬がユーザーに配布されます。

AGIステーキングのやり方

参加するにはMetamaskが必要です。お持ちでない場合はこちらからインストールして下さい。もしAGIを持っていない場合は、世界最大級の取引所Binanceで購入する事が可能です。こちらも事前に手に入れておいて下さい。

ステーキング開始の手順

1.はじめにSNetのプラットフォームを利用する為の無料のアカウントを開設します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AGI_staking01-1024x588.png

2.登録したメールアドレスに確認コードが送信されるので5分以内に入力

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AGI_staking02-1024x610.png

3.認証が終わったらメールアドレスとパスワードでログイン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AGI_staking03-1024x615.png

4.サービス利用合意書のチェックボックスにチェックを入れ「ACCEPT」をクリック

5.ログインが出来たらIncubatingに移動 

6.Metamaskと連携する為に「CONNECT METAMASK」をクリックし、Metamaskが表示されたらパスワードを入力して「ログイン」をクリック

7.Open Stakingで無事にMetamaskと連携出来た事を確認(MetamaskはデフォルトのEthereumのメインネットワークに接続)

8.Incubatingでは現在のステーキングセッションの状況が確認出来ます

9.開始7日前になると「Open Staking」で、ステークウィンドウがアクティブになります。次に「ADD STAKE AMOUNT」をクリック

10.現在は最低500AGIからステーキングが行う事が可能です。ステークするAGIの量を入力して想定報酬額を確認し「SUBMIT FUNDS」をクリック

11.Metamaskが表示されトランザクション手数料が表示されるので「確認」をクリック

12.次にAGIステーキングのコントラクトのGasの手数料が表示されるので「確認」をクリック

13.画面のリロードが続きますが、無事にトランザクションが承認されると、以下の画面に変わりステーキング成功です。

14.ステーキングに成功すると、先ほど追加したAGIがYour StakeのAdded Stakeに表示されます。その後は次のウィンドの開始&終了するまで待ちます。デフォルトの設定では「Auto Renew to next stake session」に✅が入っており、自動更新によってガス代が掛からない仕組みになっています。

15.無事にステーキング期間が終了すると、報酬履歴が「Transactions」に表示されます。

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、カルダノエコシステムに役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA