Sologenic(ソロジェニック)とSOLOトークンの概要とプラットフォームの使い方

【目次】

Sologenic (ソロジェ二ック)の概要

Sologenicは、XRP Ledger(XRPL)上に構築されたデリバティブプロトコルで、伝統的な金融市場と暗号資産の融合を目指すプロジェクトになります。2021年3月31日にオープンしたSologenic DEXは、現在XRPLで最も人気のある分散型取引所の1つです。このプロジェクトは、北米、欧州、アジア、オセアニアの世界30以上の取引所が扱う40,000以上の株式、ETF、コモディティなどの非ブロックチェーン資産のトークン化を目指しています。投資家は、グループで購入出来るPool Orders機能により1株当たりの価格を分割する事によって少額でも参加出来ます。SologenicのユーティリティトークンであるSOLOは、XRPLで最大の時価総額を誇るイシュアンスであり、エコシステムで流動性の提供とマーケットメイキングの目的で利用されます。Sologenicは、RippleXが行うXRPLの助成金プログラム「Grants Wave 2」で、20万ドルを受賞しています。

Sologenicの各デリバティブは、ステーブルコインの形で作成されます。このステーブルコインは、所有権を表す為に利用され、実世界の資産が1対1の比率で裏付けされます。投資家が、プラットフォームでデリバティブ商品を購入すると瞬時にXRPLでトークン化され、サードパーティの信託会社で保全されます。トークン化された資産は「s」記号で表記(例:TSLAƨ)され、SOLOおよびXRPを使っていつでも市場時間外で取引する事が出来ます。

Sologenicの2人の創業者は、エストニアの取引所CoinFieldの創業者でもあります。CEOのBob Ras氏は、製造業、ハイテク、マーケティングなどの分野で複数のベンチャー企業の立ち上げ実績があり、CTOのReza Bashash氏は、人工知能とFintechの分野で10年に渡って活躍したエンジニアです。CoinField社は、SOLO保有者に対してSOLO Savings Program(SSP)というステーキングサービスを提供していましたが、2021年9月24日にG​​lobal Fintech Trading Limited(GFT)へ売却されています。このイグジットにより、チームがSologenic関連のプロジェクトに一層専念して行く事が期待されています。

以下、エコシステムの主要な製品と準備中のサービスになります。

  1. SOLO Wallet:この分散型ウォレットアプリで、今後のトークン化された資産を含む、SOLO、XRP、株式、ETF、コモディティなど、すべてのアセットを管理出来ます。アプリはiOS、Androidに対応しており、内蔵のDEXで自由に取引出来ます。
  2. Sologenic DEX:XRPL上のオーダブック型の分散型取引所は、異なる6つの言語に対応しています。SOLO Wallet、Ledgerデバイス、D’Cent Wallet、XUMMなどの自己管理型のウォレットを使用し、高速なトランザクションと、僅か約0.000005ドルの安価なトレーディング手数料で、高度な取引機能が利用出来ます。
  3. SOLONEX:金融機関、銀行、投資会社、証券会社、取引所など、機関投資家レベルに設計されたトークン化仲介ソリューションです。XRPL上に構築されています。
  4. Tokenized Assets Trading:世界30以上の取引所が扱う40,000以上の株式、ETF、コモディティがトークン化され、取引出来るようになります。
  5. Sologenic NFT Marketplace:SOLOを消費してNFTをミント出来ます。入札システムでは、SOLOでNFTをフィーチャーする事も可能になる予定です。
  6. SOLO Cards:SOLO保有者は、世界中でクリプトが使えるカードを無料で入手出来ます。SOLOカードは、ウォレット内に保有するSOLOの量に応じて4つのランクに分かれています。毎月最大2%のキャッシュバック、空港ラウンジの利用、厳選されたホテルやプライベートイベントの割引など、カード会員は様々な特典を受ける事が出来ます。

デリバティブとは

デリバティブとは、原資産の価格に依存して理論価格が決定される金融派生商品を指します。例えば、これは本物の金の延べ棒を購入するのではなく、金の価値を追跡する契約の購入だと考えてください。実際の金の延べ棒の購入には、品質調査、輸送、保管など、多くの作業を必要とします。デリバティブは、本物を買う事が出来ない状況下で特定の資産を表す契約を買いたい投資家に向いています。通常、先物取引やオプション取引などに代表されるデリバティブ取引を利用する投資家は、ポジションのヘッジやレバレッジを効かせる為に利用します。

デリバティブ流動性プロトコルの代表例には、EthereumをベースとしたSynthetix(SNX)がありますが、SologenicはXRPLを採用しているので低コストかつ高速で取引する事が可能です。

エコシステムの2つの組織

Sologenicのエコシステムには、2つの独立した組織があります。

  • Sologenic.org(Sologenic Development Foundation:SDF):Sologenicエコシステムを成功させるという情熱を持った独立したコミュニティ。SOLOだけでなく、XRPに関連する様々なオープンソースプロジェクトやユースケースに積極的に取り組む開発者達で構成されています。
  • Sologenic.com Manticore Securities AS:EUで登録されたPublic Limited Companyです。株式やETFなどの証券をXRPL上でトークン化する為に必要なライセンス「MiFID ll Investment Firm」の取得を目的としています。すでに2020年1月にライセンスは申請済みであり、エストニアの金融監督局(FSA)による承認待ちです。現在、証券トークン化をシミュレートするテスト環境を構築しています。
サクソバンク(Saxo Bank)

Saxo Bankはデンマークのコペンハーゲンに本拠を置くオンライン銀行で、EU、英国、シンガポールを含む15の管轄区域で厳格な規制要件を遵守している業界のリーダーです。Sologenicでは、Saxoトレーディングシステムを使用しており、実際の証券取引はSaxo Bankになります。SAXO APIを通じて実行される各注文には、SAXOが提供する固有の取引IDがあり、これがSologenicエコシステムに保存されます。これにより、常にSologenicターミナルの注文セクションで、自分の取引がいつ、どのように実行されたかを確認する事が出来ます。

ホワイトペーパー

Sologenicのホワイトペーパーは、こちらからダウンロード出来ます。

Trade on the Sologenic DEX Today – Fast, Secure & Intuitive Decentralized Exchange

Tokenomics(トークノミクス)

SologenicのSOLOは、エコシステムでマーケットメイキングと流動性供給の為に導入されているユーティリティトークンです。トークンはXRPLで発行されおり、世界中の人々が従来の証券会社を介さずに、株式、ETF、コモディティなどの非ブロックチェーン資産をSOLOで取引出来るようにする事を目指しています。 Sologenicのエコシステムには、次の2種類のトークンがあります。

  • SOLO Coin:グローバルな暗号通貨取引所に上場しているユーティリティトークン
  • Tokenized Assets:Sologenicでのみ取引可能な証券仲介業免許が必要なフィアットまたは証券ステーブルコイン

Sologenicには、SOLOトークンの総供給量を減少させるデフレメカニズムが導入されています。すべての取引手数料は、ゲートウェイの発行アドレス(ブラックホール)に送られて焼却されます

SOLOトークンの配布構成

SOLOの総発行数は、400,000,000 SOLOです。トークンの内訳は、パブリックセールに15.00%、SOLO Liquidity & Operationに15.00%、コミュニティの構築の為のSOLO Community Fund(SCF)に20.00%、マーケティングの為のSOLO Expansion Fund(SEF)に15.00%が割り当てられ、チームには35.00%が分配されています。

SOLOは、2020年2月18日からのパブリックセール(IEO)に先立ち、2019年12月9日から1週間VIPプレセールを実施。CoinFieldで40,000,000 SOLOが0.25ドルで販売されました。

2022年1月20日にはNFTマーケットプレイスの立ち上げを機会に、XRPとSOLO保有者に対して各100,000,000 SOLOずつ、合計200,000,000 SOLOがエアドロップされます。このエアドロップの原資はSCFとSEFにロックされていたトークンになります。2021年12月24日にスナップショットが行われ、XRPLでSOLOのTrusLineを設定していた適格ユーザーと30のエアドロップ対応取引所に対し、1XRP = 0.004456338205 SOLOおよび1SOLO = 1.2420448858 SOLOの比率で配布されます。なお、SOLOトークンは、Bitrue、Gate.io、BitForex、CoinField、Hotbit、CoinTiger、Liquid Global

2022年1月20日にはNFTマーケットプレイスの立ち上げを機会に、XRPとSOLO保有者に対して各100,000,000 SOLOずつ、合計200,000,000 SOLOがエアドロップされます。このエアドロップの原資はSCFとSEFにロックされていたトークンになります。2021年12月24日にスナップショットが行われ、XRPLでSOLOのTrusLineを設定していた適格ユーザーと30のエアドロップ対応取引所に対し、1XRP = 0.004456338205 SOLOおよび1SOLO = 1.2420448858 SOLOの比率で配布されます。なお、SOLOトークンは、Bitrue、Gate.io、BitForex、CoinField、Hotbit、CoinTiger、Liquid、Sologenic DEXなどの取引所で取引する事が出来ます。

Sologenic DEXなどの取引所で取引する事が出来ます。

初期の分配は、以下の通りです。

分配方法割合権利確定
チーム 35.00% 140,000,000 SOLO36ヶ月間で放出
パブリック 15.00% 60,000,000 SOLO
SOLO Liquidity & Operation 15.00% 60,000,000 SOLO
SOLO Community Fund(SCF) 20.00% 80,000,000 SOLO
SOLO Expansion Fund(SEF) 15.00% 60,000,000 SOLO
権利確定付きトークンの配布スケジュール

チームに割り当てられたトークンは、すべて権利確定付きで3年間に渡ってリリースされます。以下、スケジュールになります。

年数 割合 チーム
3ヶ月以内15.00% 21,000,000 SOLO
12ヶ月後 15.00% 21,000,000 SOLO
18ヶ月後 20.00% 28,000,000 SOLO
24ヶ月後 20.00% 28,000,000 SOLO
36ヶ月後 30.00% 42,000,000 SOLO

SDFは、2021年12月21日に第3世代のレイヤー1ブロックチェーンCoreumと、そのネイティブトークンCOREのエアドロップを発表しました。今後は毎月371日間に渡り、SOLOのランダムなスナップショット(合計13回)が行われ、総供給量の20%に相当するCOREがSOLO保有者に分配されます。

SOLOの発行アドレス情報
  • IssuerrsoLo2S1kiGeCcn6hCUXVrCpGMWLrRrLZz
  • Currency(Token currency cod):534F4C4F00000000000000000000000000000000
  • Limit400,000,000

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA