Rejuve(リジューヴ)とRJVトークンの概要とエアドロップの申請方法について

Rejuve(リジューヴ)の概要

Rejuveは、人間の健康寿命を根本的に延長する為のプロジェクトです。SingularityNETによって2018年からインキュベーションされ、財団の支援プログラム 「SingularityNET X-Lab」を通じて、現在3番目のSL2プロジェクトとして、独立した事業体としての立上げ準備を進めています。Ben Goertzel博士、Dominic Man-Kit Lam博士、David Lake氏の3人によって設立されたRejuveの使命は、人間の健康寿命を延ばす新しい技術を創造し、評価する事です。富裕層だけでなく、すべての人が利用出来るアンチエイジングソリューションを提供します。

世界では毎日15万人以上の人が亡くなっていますが、その内の3分の2の死因は老化によるものです。しかし、米食品医薬品局(FDA)は老化を治療すべき疾患だと認めておらず、世界のヘルスケアと医学研究の主流は、この問題の解決に優先順位をつけていません。つまり、私達の医療制度は、根本的な死因の原因である老化のプロセスに取り組むのではなく、個々の病的状態に焦点を当てて、すでに定着している老人病に対処しているだけなのです。

Rejuveは、この使命を達成する為に、AI、ブロックチェーンおよびトケノミックインセンティブを組み合わせて、健康と長寿に情熱を注ぐ、個人、クリニック、研究所のネットワークを構築し、寿命延長におけるブレークスルーを実現します。Rejuveは、人々の手に力を取り戻し、ブロックチェーンの新しい活用方法でもあるNFTによって、誰もが自分の健康データを収益化し、その貢献から最大限の個人的利益を得る事を可能にします。Grand View Researchが発表したレポートによると、2021年度の世界のヘルスケにおける人工知能の市場規模は104億ドル(約1兆3,200億円)で、2030年まで38.4%の年平均成長率(CAGR)で拡大すると予測されています。

Rejuveのトークンは、主にRejuve Data Commonsにデータを提供する事で入手出来ます。このデータコモンズは、Rejuveが構築、管理するHIPAA(米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)およびGDPRに準拠したデータベースで、Rejuveの最先端の長寿研究の中心になるものです。Rejuve Networkメンバーからのデータ提供は、主にRejuve Longevityと呼ばれるアプリを通じて、アンケートへの回答、プロフィールの管理、ウェアラブルデバイスの接続、検査値の提出、研究、臨床試験、データ収集イベントへの参加などによって行われます。アプリは最初に招待リクエストによるβ版のMVP(Minimal Viable Product)が実行され、V2で完全な本番モードになります。クリニックなどの大規模な組織は、最終的に医療関係者や企業向けにカスタマイズされたWeb拡張機能を通じてデータ提供される予定です。

RejuveのAIは、Deep Neural Embedding FrameworkとBayesian Networkを用いた記号推論、そしてOpenCog AGI Frameworkを組み合わせた独自のアルゴリズムを使用します。これらのAIツールは、Rejuve Networkが成長し、より大規模で豊富なデータが供給されるにつれてより多くの洞察を得る事が出来ます。また、HansonRoboticsとSingularityStudioの合弁事業であるAwakening Healthは、人型看護助手ロボットGraceを開発し、ヘルスケア市場向けのソーシャルロボットとアバターAIエージェントを製造しています。

Rejuveの2つの組織構造

Rejuveでは、プロジェクトの目的実現の為に、独自のトークノミクスフレームワーク、メンバーからのデータ提供とエンゲージメント、そしてAI技術とAIコミュニティを活用します。トークンコミュニティは、価値あるバイオデータの提供という貢献を生み出し、エコシステムはこの価値を商品化して活用する為に、次の2つの独立した組織で構成されています。

  • Rejuve Network :民主的に運営される会員制の分散型組織。Rejuveのトークン保有者とデータ提供コミュニティの利益の為に活動する。
  • Rejuve AI / Biomedical R&D(Rejuve Tech): Rejuve Networkメンバーによって提供されたデータと分析に主に基づいて、新しい治療法や診断法を発見・創造・テストするヘルススパンテクノロジーグループ。Rejuve Techは、Rejuve Networkと緊密に連携し、SingularityNETのAIテクノロジーを使用し、個人やクリニックから提供されたデータを解析します。

一般的に、統一されたエコシステムを「Rejuve」と呼びます。Rejuve NetworkとRejuve Techは、それぞれ個々の責任や資産が重要である場合に限って正式な組織として扱われます。

Rejuve Network(RJN) の責任とユーザーへのコミットメント
  • 分散化を進める為のロードマップの作成と技術やその他の分野との調整及び監督
  • コミュニティサービス(第三者への委託を含む)、全てのRJNの管理及び開発(RJVトークンの発行・管理を含む)
  • コミュニティとのコミュニケーションや投票、RJN関連の収益とその使途の調整
Rejuve Tech(RJT)の責任
  • RJNに代わってバイオデータの保有、管理、ライセンスアウトを
  • 研究用に提供されたバイオデータのサブライセンスの管理
  • 必要に応じて、RJNから渡された作業指示書(SOW)の実行

RJTの臨床試験や医薬品開発などの研究開発が、収益化などの商品化につながる場合、一部の収益は継続的な研究開発の為にRJTに戻されますが、その多くはRJNに還元され、メンバーの福利厚生に使用される予定です。RJNは、特に貢献度の高いトークン保有者に適切なサービスを提供し、この寄付金を利用してネットワークの目的を促進し、その為に必要なインセンティブを提供する事が出来ます。

トークンサイクルとエコシステム参加者の役割

Rejuveは、複数の市場参加者が関係する多面的なマーケットです。ブロックチェーンを使用し、ステークホルダーのすべてに価値があるようなインセンティブ構造を構築しています。それゆえに、市場参加者はブロックバスターのような新薬を待つことなく、早期に恩恵を受ける事が出来ます。以下、トークンサイクルにおける市場の役割とそのインセンティブです。

  • Rejuveアントレプレナー:データ提供者、ウェアラブルメーカー、検査会社、サプリメント会社、研究所などからトークンでプロダクトNFTの所有権を購入します。将来市場性のある治療法が商品化されれば、より大きなリターンを得る事が出来ます。アントレプレナーが少ない間は、Rejuveの組織がその役割を担います。
  • ユーザー:アンケート、ウェアラブルインポート、血液検査、尿検査、DNA検査などを通じて、Rejuveのアプリやウェブサイトにデータを追加します。NFTの売り上げによる報酬プールは、データ提出の度にインセンティブを与えます。検証プロセスの後、研究所はデータ使用料としてRJVトークンで支払います。研究所が製品の為にデータを利用すると、プロダクトNFTがユーザに発行され、最終製品が販売される度に貢献比率に応じて報酬を受け取ります。なお、受け取ったプロダクトNFTは半分までアントレプレナーに売却する事が出来ます。RJVトークンでネットワークパートナーからウェアラブルや検査、長寿治療などを購入し、更なる長寿治療の開発に貢献する事で、より大きな報酬を獲得する事が出来ます。
  • 健康産業のパートナー:ウェアラブル、検査、サプリメントサプライヤーなどは、短期間の通貨取引変動リスクをカバーする為に、アントレプレナーに依存して、一定のフィアットレートでネットワークに参加する事が出来ます。これには、価格決済とフィアット間への変換リスクをカバーするプール(RJVトークン)という形式が導入されます。
  • 研究所:研究所は、アントレプレナーがプロダクトNFTの所有権を購入する、もしくは製薬会社から創薬への貢献度に応じてトークンを受け取ります。研究所はトークンを使ってRejuve AIによる創薬を可能にし、アプリのデータを使用する度にユーザーに対価を支払います。研究所は、研究を提供する事でサプライチェーンに利益をもたらします。
  • 長寿クリニック:長寿関連の治療を受けている患者に関する匿名化されたデータを提供し、その見返りに創薬に貢献した製薬会社や製品NFTを購入するアントレプレナーからRJVトークンを受け取ります。クリニックはトークンを使用して、AIによって提案された新しい物質のフェーズ1臨床試験の患者を募集します。なお、研究を提供する範囲内でラボとしてネットワークに参加する事も可能です。また、製薬会社からサプリメントや物質を購入し、患者の治療や臨床試験に使用する事もあります。
ホワイトペーパー

Rejuveのホワイトペーパーは、こちらからダウンロード出来ます。

AIプラットフォームの3つの要素と手法

RejuveのAIは、長寿科学のニーズに特化した形で、論理的アルゴリズム、進化的アルゴリズム、ニューラルネットアルゴリズムを組み合わせて、SingularityNETのプラットフォーム上に統合された形で導入されています。 最終的にRejuveの科学者は、このプラットフォームを使って、人体のマルチ解像度、メカニズム、ダイナミックモデルを構築する事を目指しています。このモデルは、老化に対する治療法の候補を推測する為に使用出来ます。但し、現時点でもすでに個人の状況に応じた長寿に関するレコメンデーションが利用出来ます。今後は継続的な作業によってより完全なものになれば、その範囲はますます広くなり、評価もより正確になります。

プラットフォームは、次の3つの異なるコンポーネントで構成され、カスタマイズされた3つのAIメソッドが連動しています。

  • OpenCog Hyperon AGI Engine
  • Generative Cooperative Network(GCN):Deep Neural Embedding Framework
  • BayesianExpert:Bayesian Net Service
1)OpenCog Hyperon AGI Engine

最初のコンポーネントは、AGIの出現の促進を目的としたオープンソースフレームワーク、OpenCog Hyperon AGI Engineです。OpenCog AGI Engineは、確率的進化学習、 確率的論理推論(PLN)、確率的パターンマイニング、その他のAI手法を取り入れ、様々なデータベース、オントロジー、データセットから収集された生物学の知識を統合したハイパーグラフナレッジストア「Bio-Atomspace」上で連携して動作します。OpenCog frameworkとHyperonに関する詳細は、こちらをご覧下さい。

2)Generative Cooperative Network:GCN

2つ目のコンポーネントはGCNと呼ばれるものです。GCNは複数のニューラルアーキテクチャを組み合わせて、Rejuveメンバーの身体や健康状態を表す埋め込みベクトルを作成する、Deep Neural Embedding Frameworkです。画像や血液検査のような異種モデルや異種データモダリティを接続する事が出来ます。このコンポーネントは、バイオメディカルAI用にカスタマイズされたグラフ用Transformerネットワークを介してOpenCogに接続されており、Bio-Atomspaceのノードをディープニューラルネットワークで処理可能な埋め込みベクトルにマッピングしています。 なお、メンバーの研究者やクリニックが他の埋め込みフレームワークのモデルを提供したり、Rejuve Techが作成する事も可能です。これらはSingularityNETの自動モデル構築アルゴリズムを用いて、 自動的に互いに改善し合うモデルの子音アンサンブルに合成する事が出来ます。

3)BayesianExpert

最後のコンポーネントは、確率論的ベイジアンネットサービスBayesianExpertです。BayesianExpertは、専門家のルールと医学文献の統計に基づいたベイジアンネットを直接手作業で簡単に作成する事が出来ます。any_of、all_of、avgなどの論理ルールは、確率のソフトな計算に従って変数を結合します。相対リスクや感度のような特別な依存ルールは、メタアナリシスや臨床試験のシステマティックレビューから直接モデリングを容易にし、裏側では線形計画法を使って変数の相互関係の図を完成させます。ネットには説明モジュールもあり、ユーザーが自分の健康状態を一番効果的に変える方法を伝える為に使用されます。

RejuveとSingularityNETの相互運用

RejuveとSingularityNETネットワーク間の主要な相互作用には、次のものがあります。

  • Rejuve Techのデータ分析ツールはSingularityNETのマーケットプレイスに接続される為、Rejuve Network内の個々のメンバーや長寿クリニックから提供されたデータに様々なAIツールを利用出来ます。
  • SingularityNETのプラットフォームは、誰もがAIサービスを大規模に作成、共有、および現金化するのに役立ちます。Rejuveのアプリに使用されるAIサービスは、SingularityNETのマーケットで公開されており、プラットフォームを通じてアクセスする事が出来ます。
  • RejuveがSingularityNETを使用する事で、市場で仮説の生成およびテストする為に必要な追加の臨床データ分析ツールとAIサービスの開発が促進されます。
  • SingularityNETのAIエージェントは、AGIXの支払いに加えていくつかのRejuveトークンを受け取る代わりに、Rejuveに割引価格を提供する場合があります。
  • SingularityNETのAIエージェントは、Rejuveトークンを保持し、それらを使用して生物医学分析の為にRejuveデータにアクセス出来ます。

エコシステムは、AGIXとRJVトークンの両方を適切に使用して多次元的にトランザクションを実行し、AIとヘルスネットワークプロトコルの相互運用を実現します。

インセンティブ付き長寿アプリ「Rejuve Longevity」

RejuveのフラッグシップアプリであるLongevityは、Rejuve Data Commonsにデータを入力する為の主要なツールでもあります。このアプリは、AndroidとiOSの両方で利用出来、HIPAAおよびGDPRに準拠したデータベースで保護されます。Longevityには、現在市場に出回っている他のヘルスケアや長寿関連アプリとは異なるコア機能を備えています。アプリには、データNFTであるRejuve IDでログインし、収集されたすべてのデータがその個人に関連付けられ、「9つの加齢の特徴」からパーソナライズされたインサイトとレコメンデーションが生成されます。

主な機能は、以下の通りです。

  • 生物学的年齢 – 生物学的年齢とは長寿科学の概念で、一般的な年齢とは異なり、体の生理的な年齢と生存確率を推定するものです。これは、食事、運動、ライフスタイル、一般的な健康状態の結果としての身体システムの老化に基づいています。このアプリの特徴は、これを計算して加齢の特徴に基づいた推奨事項を生成する点になります。
  • 健康調査 – パーソナライズされた長寿の為の最も簡単な方法で、健康についての様々なアンケートを実施しプロフィールを作成します。この質問は、2017‑2018年のNHanes調査から加齢と長寿に絞ったものです。The National Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)は、米国の大人と子供の健康状態や栄養状態を評価する為に設計された一般公開のデータセットになります。この調査の特徴は、インタビューと身体検査を組み合わせた点で、人口統計や健康状態が米国の人口に比例している母集団を使用しています。これらの調査は、人口統計、一般的な病歴、ライフスタイル、食事、身体活動、睡眠、メンタルヘルスのモジュールに分かれており、服用している薬やサプリメントについての質問もあります。
  • ヘルストラッカーの接続 – 結果の精度を高め、寿命プロファイルを向上させるもう1つの簡単な方法は、スマートウォッチなどの健康トラッキングデバイスを接続する事です。MVPではApple WatchとFitbitが同期出来、歩数や運動量、睡眠、心拍数、血中酸素濃度などのデータを取得します。運動がポジティブな影響を与える事を示す研究は数多くありますが、これらのツールは、主観的な調査よりも正確な測定を可能にします。
  • 血液検査データ – 血液データは、様々な体内の器官の生物学的年齢を測定する為の最も正確な方法の1つです。血液検査データを提供する事で、より高い報酬を得る事も出来ます。Rejuveの長寿アプリは、血液検査の結果から、より正確に生物学的年齢を算出し、長寿の為のヒントが得られる詳細な情報を提供します。また、アンケートやウェアラブル端末を利用する事で、より完全なプロフィールを得る事が出来、研究にも役立ちます。
  • インサイト – アンケートに回答したり、データを送信したりすると、あなた独自のエイジングプロフィールを知る事が出来ます。これらのインサイトは、加齢の特徴に基づき構成され、どの要因があなたの生物学的老化に影響を与えたかを説明します。より多くのデータを送信する事で、より詳細で有用な知見を得る事が出来ます。
  • レコメンデーション – インサイトは、単にあなたの健康状態を様々に解釈するだけですが、それを変えるのがレコメンデーションです。この機能では、どうすれば生物学的年齢や健康寿命を改善出来るかのヒントを教えてくれます。これには、食事や運動、禁煙やストレス解消などの生活習慣の改善、科学的根拠に基づいたサプリメントを提供します。AIは年々進化しており、あなたが情報を提供すればするほど、より包括的な情報を得る事が出来ます。加齢の9つの特徴に基づいたパーソナライズされた洞察と推奨事項を生成します。
  • 報酬 – アプリでデータを送信すると、RJVトークンという形で報酬を得る事が出来ます。友達紹介のボーナスや、長寿プロフィールを完成させるなどのマイルストーンもありますが、より困難で複雑なタスクは、より簡単なタスクよりも高い報酬を得る事が出来ます。RJVトークンは、信頼できるプロバイダーからのDNA検査やサプリメントなどの製品割引に利用する事が出来ます。質の悪いデータは報酬を受け取る事が出来ず、場合によってはレピュテーションシステムによりユーザーはブラックリストに載る可能性があります。

Tokenomics(トークノミクス)

Rejuveでは、メンバーがデータの使用から得られる収益の公正な分配を確実に受け取れるように、新しいトークノミクス・アーキテクチャを採用しています。Rejuveのエコシステムでは、1つのユーティリティトークンと2つのNFT、合計3種類のトークンを利用します。

  • ユーティリティトークン・RJV :Rejuve(RJV)トークンは、主なデータの取引手段であり、Rejuve Networkの会員を示すものでもあります。モバイルアプリ「Rejuve Longevity」を通じてデータを提供する事で獲得する事が出来、製品やサービスの大幅な割引に利用出来るバウチャーを購入する為に使用されます。必要に応じてガバナンス機能を持ち、ネットワーク形成時にRejuve Networkによって固定数が発行されます。
  • データNFT(Rejuve ID): Rejuveでは、NFT技術を知的財産の追跡に利用します。データNFTは個人または法人のメンバー毎にMintされ、あなたのRejuve IDに接続されます。このNFT自体は購入する事は出来ませんが、データのアクセス許可を解除する鍵として機能し、将来的な製品でのデータの使用状況を全て記録し、最終的にトークンによる報酬に繋げます。
  • プロダクトNFT :プロダクトNFTは、研究や調査が見込みのある製品に移行する際にMintされます。1つの製品に付き1つだけ造られ、そのシェアはデータNFTに接続されたシャーディングを通じて、製品に貢献した全ての人に分配されます。NFTのシャードは50%までしか売却出来ない為、製品から得られる収益は生涯に渡って全てあなたのものになります。プロダクトNFTの販売収益の一部は、継続的なデータ獲得の為の報酬プールに割り当てられます。

データNFT(Rejuve ID)とプロダクトNFTの2つを総称して、セルフソブリン(自己主権型)NFTと呼びます。これらのNFTは、主にCardano上で構築されますが、必要に応じて他のLayer2やサイドチェーンを使用する事も出来ます。

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA