シンギュラリティネットのコミュニティ主導の資金調達支援プログラムDeep Funding

【目次】

Deep Funding(ディープ ファンディング)について

Deep Fundingは、SingularityNETにおけるコミュニティ主導の資金調達プログラムです。フェーズ2で発行される10億AGIX-ADAのうち、30%の3億トークンがこの予算に割り当てられ、エコシステムの成長を支援します。

Deep Fundingでは、年間4回程度のラウンドを行い、最初のラウンドでは100万ドルの予算が2つのバスケットに分けられます(最大15万ドルと最大4万ドル)。AI開発者はAGIXトークンを用いて、最大15万ドルの資金調達が可能です。コミュニティからの提案は、Deep FundingのSwaeのコミュニティポータルで行え、投票イベントは投票ポータルで実施されます。

提案されたプロジェクトは、コミュニティによる投票プロセスによって1~10の点数で評価されます。受賞資格を得るには、最低評価(現在6.5)と最低投票数(現在1%)を獲得する必要があります。提案者は、プロジェクトをスケールアップすることにより、複数のラウンドに参加することができます。

以下がDeep Fundingの参加条件です。

  • SingularityNETのAIプラットフォームの発展に貢献する:理想的には、プラットフォーム上で魅力的なAIサービスを立ち上げるか、既にプラットフォーム上にあるサービスを利用すること
  • SingularityNETのミッションとビジョンをサポートする:慈悲深く、民主的で、包括的なAIの開発を推進すること

なお、特別な条件(一部例外を除き)として、受け取った資金の25%はスマートコントラクトにロックされ、SingularityNETのAIエージェントへのサービスの対価としてのみ利用できます。ただし、プラットフォームがまだ初期段階の場合は、この条件をホスティング費用として充当することができます。トークンのロック解除が1年以内に行われない場合は、自動的にDeep Fundingウォレットに返金されます。

大規模なプロジェクトの場合は、株式、IP、トークン、APIコールなど、プロジェクトの収益の一部をDeep Fundingプロジェクトに割り当てる提案もあります。

ラウンド1の受賞者 (2022年5月16日~5月24日)

47件の提案がコミュニティから提出され、応募条件をクリアした28件が投票ラウンドに進みました。第1回目のラウンドでは、158のウォレットから86,264,155票(複数の投票も含む)が投じられ、最終的に10チームから提案された12のプロジェクトが受賞しました。100万ドルの予算のうち、741,000ドルが割り当てられました。投票結果の詳細は、こちらのシートから確認できます。

以下、受賞プロジェクトの一覧です。

プールA (最大15万ドル)

  • Carbix – Avatar 2 Human Learning :ネット・ゼロとカーボン・ネガティブ・エミッション(150,000ドル:10,168,692票 7.48点):このプロジェクトは、複雑で高度な炭素隔離技術に関する教育を、没入型の環境で学生に提供することを目的としています。アバター音声認識、没入型学習、手話に焦点を当てた3つのサービスを開発し、UnityとUnrealの没入型エンジンをリアルタイムで使用するか、他のサービスを補強することが特徴です。
  • Photrek – シンギュラリティネットアプリケーションのためのリスクアウェアデータ生成(115,000ドル:5,083,653票 6.94点):SingularityNetコミュニティ向けに、Coupled Variational Autoencoderをサービスとして提供します。このアルゴリズムは、機械学習の予測能力を向上させるため、実世界のデータのギャップを埋めることができます。また、モデルに求められるリスクの度合いに基づいて調整可能なギャップのシミュレーション補間を提供します。
  • Zero2AI – シンプルなAIに信頼を(144,000ドル:8,515,460票 6.71点):SingularityNETの分散型AIプラットフォームを含む様々なリポジトリにあるAPIベースのAIサービスの中から、最も使いやすいものを選び、NFTと連携したキュレーション型のマイクロサービスとして提供することを目指しています。目標は、技術的なバックグラウンドを持たない人々でも、スマートフォンでAIにアクセスできるようにすることです。提案には、AIモデルの自動キュレーションやバイアス検出などが含まれます。

プールB (最大4万ドル)

  • 文法に基づく遺伝的プログラミング(40,000ドル:5,192,635票 7.98点):実世界の多くのタスクは「最適化問題」として定式化できます。このソリューションでは、進化計算の手法を用いて、Python、C++、Rustなどの形式言語や、HTML、JSON、Protobufなどのドメイン固有言語で最適なプログラムを検索することができる汎用最適化サービスを提供します。
  • PhotrekAIアルゴリズムのリスクアセスメント(35,000ドル:4,667,412票 7.60点):ML/AIアルゴリズムが効果的にリスクを管理することを保証するための評価ツール群です。一般的に使用される評価とは異なり、現実のアプリケーションに必要な非線形のリスク許容度を考慮し、過信的な予測を避けることができるようになります。
  • Hetzerk – 分散型物理シミュレーション(40,000ドル:11,230,483票 7.56点):NuNetとSingularityNetを活用した、計算とAIサービスのための物理システムシミュレーションのための分散型プロトコルです。異種データソース、記号的知識抽出、認知原理から構築された理論・AIアルゴリズムを開発・採用するためのマルチスケールシミュレーションのエンドツーエンド統合を特徴とします。
  • ロバストなトレーディング戦略のための進化的探索(40,000ドル:4,768,974票 7.23点):「文法に基づく遺伝的プログラミング」の提案を基にした具体的なユースケースです。ユーザーがデータに加え、アルゴリズムに様々な設定を提供することで、過去のデータで優れたパフォーマンスを示し、ライブマーケットでも同様のパフォーマンスを示す可能性がある程度高い、進化したトレーディング戦略を提供するサービスです。
  • H+DAO – トランスヒューマニズム分散型プロジェクト(40,000ドル:7,495,893票 7.07点):DAOMatcher DAppは、自然言語モデルを利用してオンラインのオープンテキスト情報ソースを分析し、様々な個人のソーシャルメディア投稿やプロフィールを解釈し、H+DAOプロジェクトに対する潜在的な関心を推論する分散型アプリケーションです。このプロジェクトは現在、開発・公開が進められています。
  • MUSEVERSE – ミュージック・イントゥ・ザ・メタバース(40,000ドル:7,504,945票 7.01点):ピアノのキーボードをはじめとする楽器を物理空間から解析し、仮想現実にリアルタイムで再現するAIを作成します。このソリューションにより、VR上で音楽を演奏、作曲、コラボレーションするためのVRアプリケーションを開発するための基盤を提供します。
  • Mawu.Analyst – フェイクニュース対策分析アプリ(40,000ドル:4,911,981票 6.84点):CardanoとSingularityNET上の分散型フェイクニュース対策プラットフォームで、ニュースを正しく読み、操作を見抜く方法をユーザーに教育し、その中で信頼性が高く一貫性があれば金銭的な報酬を与えるものです。本プロジェクトでは、Mawu.aiのAIバックエンドが生成するフェイクニュース関連のインサイトを含む詳細な分析ダッシュボードをサブスクリプションベースで提供する予定です。このように、ユーザーは正確かつ客観的な情報に基づいて、フェイクニュースに対処することができます。
  • Lizuka – ユニバーサルセンテンスパーサー(22,000ドル:3,629,751票 6.84点):与えられた辞書に従って高速かつ堅牢にテキストを文に分割するサービスです。自然言語や人工言語に適用可能であり、グラフ理論に基づくアルゴリズムを用いて、与えられたテキストがどのように文に分割されるかを決定します。これにより、言語やアルファベットに依存せずに動作する、真に普遍的な文分割器を実現することができます。
  • ZRush – ロボット群の為のハイブリッド制御システム(40,000ドル:15,110,477票 6.73点):群知能とマルチエージェントメカニックスを実世界の実用的なアプリケーションに拡張することを目的としています。このプロジェクトは、自律的な群行動と人間の操縦および意思決定を組み合わせたロボット群の制御システムを設計することを目指しています。このシステムには、精度、信頼性、柔軟性に焦点が当てられており、現実のシナリオでロボット群を使用する際に制限となっている問題を克服することを目的としています。
ラウンド2の受賞者 (2023年3月20日~3月28日)

コミュニティガバンスの実験の結果、今回のラウンドではレピュテーションスコアに基づく投票の重みや二次投票、最も活発で建設的な参加者に対するAGIXインセンティブなど、いくつかの新しいシステムが導入されています。投票の際にはウォレットリンクツールが活用され、Ethereumに加えCardanoのトークンにも対応されました。

  • 既存のサービスやアイデアを含む複数の異なるプールを導入します。プール数が多いため、2つの主要なプールの金額を連動させ、もし、どちらかのプールの金額が完全に配分されていない場合は、残りの金額はもう一方のプールに提供されます。
  • クアドラティックボーティング(二次投票)を採用し、ポータル上で高い評判を得たウォレットには追加の重みを与えます。また、ウォレットの分割を防ぐために、より長いAGI(X)の履歴を持つウォレットにも追加の重みを与えます。
  • 「最低トークン交換価格」を定義し、それをもとにトークンを配布します。これにより、ラウンドの最大影響力を計算し、将来のラウンドにおけるトークンの利用可能性と資金繰りの状況をより正確に予測することができます。

また、前回のラウンドと比較し、新しい報酬プールが導入されています。提案されたプロジェクト数は前回の約2倍にあたる89件の中から、57件が投票ラウンドに進み、その結果17件のプロジェクトが受賞しました。コミュニティからの投票参加者数も、初回の158のウォレットから増加しています。

以下、比較表になります。

ラウンド1 ラウンド2
賞金の予算AGIXで100万ドル AGIXで50万ドル
受賞総額741,000ドル449,212ドル
賞金プール25
提案されたプロジェクト4789
適格プロジェクト2857
受賞プロジェクト 12 17
投票したウォレット158187
コレクションID144
ラウンド2の投票分析

投票スコアの詳細については、こちらのシートから確認できます。以下に、受賞プロジェクトの一覧を示します。

プールA:新規のプロジェクト(25万ドル)

  • IncubIQ Solutions – 主流であるオープンソースのAIを統合する(39,500ドル:7.9点):私たちは、開発者がプロジェクトで既製の人気のあるオープンソースのAIライブラリを簡単に利用できるよう、SingularityNetサービスを構築する予定です。このサービスは、クリーンでドキュメント化されたAPIを提供し、これらのAIを完全に仮想化(Dockerを使用)することで、開発者が簡単にアクセスしてアプリに統合できるようにします。
  • Temporai – SIBYL: 汎用フォーキャスター(84,000ドル:7.7点):SIBYLは、科学や産業の領域を問わず、様々な時系列データに対してパーソナライズされた予測を作成するAutoMLサービスおよびリサーチツールです。ユーザーは生データを入力するだけで、金融/暗号市場の動向、販売需要/利用、エネルギー/天候、センサー/衛星、コンピューター/ブロックチェーンネットワーク、バイオインフォマティクスなど、無限に広がるアプリケーションに対して容易にアクセスできます。
  • Zero2AI – HuggingFaceからSingularityNETへのパイプラインの自動化(75,000ドル:7.6点)HuggingFaceは、現在多くのAIモデルやアプリケーションが活用されているプラットフォームです。私たちは、これらのアプリケーションやモデルをSingularityNetのサービスにUI主導で完全自動変換することを提案しています。これにより、AI開発者は限られた開発体験からWeb3対応のAIサービスの生産準備に移行し、世界と共有することができ、報酬を得ることができます。
  • DataUnion Foundation – SingularityNETとDataUnion.appを接続する(75,000ドル:7.3点)DataUnion.appは、AIレディデータと共同所有インサイトのためのDataUnion-as-a-serviceを提供しています。私たちは、テクノロジースタックで構築するDataUnionの数を増やしており、データに基づくAIを収益化するために、AIマーケットプレイスとの統合を検討しています。SingularityNETは分散型AIマーケットプレイスであり、当社のサービスと統合することで、より効果的な収益化が可能になります。

プールB:既存のAIサービス12万5千ドル)

  • Temporai – ハイブリッド時系列予測ライブラリ「NeuralProphet」搭載(14,000ドル:7.4点)NeuralProphetは、オープンソースの時系列予測ライブラリであり、FacebookのProphetのシンプルさと使いやすさに、ニューラルネットワークの性能と柔軟性を組み合わせた、ハイブリッドな一般加法モデルです。このライブラリは、既に120万以上のダウンロード数と2,700以上のGitHubスターを獲得しており、多くの人々に利用されています。NeuralProphetの特徴として、高い予測精度と柔軟性が挙げられます。また、ニューラルネットワークを使用しているため、異常検出や不規則な傾向を発見することができます。NeuralProphetは、時系列予測に関する研究や開発に取り組んでいる人々にとって、非常に価値のあるライブラリです
  • Mesh AI – SingularityNETとCardanoのためのGPT(15,000ドル:7.0点):この提案では、OpenAIのChatGPTとDiscordを統合し、CardanoとSingularityNETに関するトピックに特化したモデルの回答精度と関連性を向上することを目指します。Discordのチャットを使用してモデルを訓練し、CardanoとSingularityNETに関連するトピックについての知識を持つChatGPTを作成し、コミュニティに貴重なリソースを提供することを目指します。この取り組みにより、CardanoとSingularityNETに関する質問に対して、より正確で的確な回答を提供することができるようになると期待されます。
  • VIRTUAL FARM – コンピュータビジョンに基づく農作物の状態把握と推薦システム(20,000ドル:7.0点):一般的に、農場を分析するために開発されたML/AIソリューションは、大規模な技術投資が必要なため、大規模な農場でのみ使用されることが多いです。しかしながら、私たちのソリューションは、高度なツールを必要とせず、すべての農家や開発者などが農場の状態や推奨システムを簡単に利用できるようにすることができます。
  • IncubIQ – Stable Diffusionサービスのアップグレードについて(13,500ドル:7.0点):本提案は、既存の「ニューラル画像生成」サービスを改善することを目的としています。現在のサービスでは、Stable Diffusionとmini-DallEのオープンソースAIにアクセスすることができますが、開発者が利用するには制限があるため、利用に苦労している方もいらっしゃいます。このため、私たちはAPIによる統合を容易にし、サービスの機能を向上させ、競合ソリューションと同様のサービスに対抗できるようにすることを提案します。
  • Enigma AI – 知識ベース質問応答システム(20,000ドル:6.5点):このサービスは、既にEnigma AIで稼働しており、知識ベースの質問応答システムとして機能します。ただし、現在の運用コストは高く、中小企業には利用できません。そこで、新しい技術Adaptersを使用して運用コストを大幅に削減し、他のプラットフォームやWebサイトでのアドオンとして機能することを目指します。これにより、より多くのユーザーがこのサービスを利用できるようになるでしょう。

プールC:構想段階のプロジェクト2万5千ドル)

  • Edify CoLabs – コミュニティベースのメンターシップ(2,400ドル:6.7点):コミュニティのメンバーは、それぞれ異なるスキルや経験を持っています。この提案のアイデアは、様々な分野(AI、戦略、資金調達など)に精通したメンバーを含むコミュニティアクセラレータを構築し、資金調達したプロジェクトを次のレベルへスケーリングするためのモデルを設計することです。次のファンドでは、このモデルを実装して、さまざまな段階のDeep fundingプロジェクトを支援し、成功率を向上させることができると考えられます。

プールD:マーケティング イニシアチブ(2万5千ドル)

  • Trenches AI – SingularityNETの開発者リレーションキャンペーン(5,000ドル:7.0点):このマーケティング提案は、Twitter、LinkedIn、Discordなどの人気ソーシャルプラットフォームを活用して、SingularityNETの体系的な開発者向けリレーションズキャンペーンの概要を示しています。提案する活動には、技術記事やチュートリアルの執筆・公開、開発者専用のコミュニティ・ヘルプラインの改善・維持、個別サポートや指導の提供、既存の文書やリソースの継続的な更新・改善などが含まれます。
  • SingularityNETのソーシャルメディア&パブリシティを向上させる(4,300ドル:7.0点):私たちは、コミュニティに新しいメンバーを加えることで、Deep Fundingのコンテンツ、アカウント、マーケティング、広報を向上させたいと考えています。私たちの目標は、私たちが追求している価値観、ミッション、ビジョン、機会、そして締め切り、プロジェクト、進捗、チームに関するニュースを広めるために、オリジナルのコンテンツを作成することです。
  • cardano2vn.io- 大学でのSingularityNET360イベント(9,890ドル:6.9点):大学向けに、オンラインおよびオンサイトの両方でワークショップを実施する予定です。
  • Singularity Swarm-コミュニティ・タウンホールの構築(4,000ドル:6.8点):Singularity Swarmは、SingularityNETコミュニティの仮想コミュニティハブであり、コミュニケーションとエンゲージメントのための共通プラットフォームを提供することを目的としています。このプロジェクトは、SingularityNETコミュニティとエコシステムを強化し、参加者が深い関与を持てるDeepFundingタウンホールを確立するために、リソースを割り当てることを目的としています。

プールE: ツーリング(7万5千ドル)

  • Photrek – コミュニティ貢献スコア(37,472ドル:7.8点):私たちは、SingularityNETのユーザーがDeep Fundingに参加する際に、貢献度スコアやコミュニティ参加プロセスを開発することでサポートしています。これらのスコアはレピュテーションスコアと呼ばれ、ユーザーの貢献度を示します。この提案では、より一般的なツールを作成し、他の組織にも利用できるようにすることを目指しています。また、複数のプラットフォームでユーザーの貢献度スコアを継承するための基盤を確立する予定です。
  • Txpipe – ブロックチェーンデータに直接アクセスできるMLとJupyterノートブックを使用した洞察の獲得(25,000ドル:7.6点):AIや機械学習を目的として、Cardanoブロックチェーンに接続されたクラウドベースのJupyter Notebookを開発しています。このクラウドベースのJupyter Notebookを使用することで、研究者や開発者は、ブロックチェーンに問い合わせるためのノードやその他のサービスをインストールする必要がなく、Cardanoブロックチェーンと簡単に連携できるようになります。
  • Consenz – 合意形成プラットフォーム(5,000ドル:6.8点):Consenzは、議論や文書編集などのプロセスにおいて、多数の参加者が積極的に参加して意見を共有し、合意形成を促進するためのプラットフォームです。Consenzでは、データの透明性や可視性を高めることで、正確な情報を共有し、より効率的な意思決定を支援します。

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA