バイナンススマートチェーン(BSC)の使い方と口座開設方法

バイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)の概要

Flare NetworkやCardno Goguenの登場によって、いよいよXRPやADAのエコシステムにもDeFiサービスがやって来ます。この新たなムーブメントに乗り遅れない為にも、あなたは事前にDeFiの仕組みなどを勉強しておく必要があります。そこでこれから勉強したいと考えている方にお勧めしたいのが、バイナンスが提供するBinance Smart Chain(BSC)です。BSCは、Flare Networkと同じEthereum Virtual Machine(EVM)を利用しているので、DeFiだけでなくEVMの予習にもなります。

BSCは、2020年9月にメインネットが立ち上がった新たなチェーンで、2019年4月にローンチしたBinanceDEXなどで使われているBinance Chain(BNB)とは異なるチェーンです。この2つのチェーンはクロスチェーンに対応しており、BSCはレイヤ2 (L2)やオフチェーンスケーラビリティソリューションではなく、インターオペラビリティのために並列のデュアルチェーンとして構築されています。この方法によってBinance DEX(分散型取引所)の高速取引を活用しながら、独自のDApps(分散型アプリ)を利用する事が出来ます。

BSCのコンセンサスアルゴリズムには、PoSの一種であるDelegated Proof of Stake(DPoS)とProof of Authority(PoA)を組み合わたProof of Stake Authority(PoSA)が使用されています。PoSAは21のバリデータから構成されており、BNBのステーキングに対応し、3秒以内というブロック承認時間を実現します。BSCではEthereumのような高いガス代を支払う必要も無く、初心者でも十分にDeFiを楽しむ事が出来ます。

基本的にBSCのバリデータには誰でもなれますが、ネットワークのセキュリティに依存する為要件は比較的に高く、少なくともセルフステークに10,000BNBが必要です。2021年2月のBSCのバリデータの平均報酬は134BNB/日でした。一方、委任者のステーキングはTrust Walletなどで行う事が可能で、 例えばBNB48 Clubに委任した場合の平均APRは60%になっています。BSCのバリデータの上位リストはValidators Leaderboardで確認できます。

Binance Smart ChainのDAppsはある意味バイナンスそのものである

バイナンスには、ペギーコインと言われる他のチェーン上の資産(BCH, LTC, ETH, XRP, ADA, USDTなど)とペッグされているトークンがあります。BSCでは、バイナンスがこのペギーコインのカストディアル機能を果たす事によって、XRPなどのスマートコントラクトを保持していないアルトコインでもDeFiで利用する事が出来ます。

つまりBSCのエコシステムは、ある意味CeFiであるバイナンスの一部であると言えます。これをバイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、CeDeFiと表現しています。BSCのDeFiサービスに資金を預ける事は、バイナンスに預けるのと一緒です。従って、BSC自体はノンカストディアルであっても、バイナンスのカウンターパーティリスクがある点だけは頭の片隅に入れておいて下さい。以下、BSCのホワイトペーパになります。

バイナンススマートチェーンのエコシテム

2021年1月12日現在のBSCのエコシステム

現在、BSCはDeFiとNFT(Non-Fungible Token)の領域で急速にエコシステムが拡大しています。BSCはEVM互換性のため、Ethereum上のプロジェクトを移行するは理論的には簡単です。例えば、SushiSwapのフォークから誕生したBSCで一番のユーザー数を誇るPancakeSwap(パンケーキスワップ)では、AMM DEXでトラストレスに資産交換が出来、イールドファーミングや宝くじ、さらにはまったくの新しい資金調達方法であるIFO(Initial Farm Offering)にも参加する事が出来ます。他にも、BurgerSwap (BURGER)やBakerySwap(BAKE)など、日々多くのプロジェクトが誕生しています。

また、バイナンスは2020年9月にDeFiとCeFiの橋渡しとして1億ドルのサポート資金の導入を発表。BSCの優秀なDeFiプロジェクトには最大10万ドルの資金提供し、セキュリティ監査とデューデリジェンスに合格した暁には、一部バイナンスの上場なども含む流動性のサポートも提供しています。

BscScanのYield Farmsでは、イールドファーミングが可能な新規プロジェクトリスト一覧を確認出来ます。但し、基本的にプロジェクト自体はバイナンスとは無関係です。評判の高い監査済みのプロジェクトであっても、スマートコントラクトに資金を預けることは常にバグや虚弱性のリスクを伴います。情報量が少なく、よく分からない詐欺のようなプロジェクトもあるでしょう。プロジェクトの中身を吟味し、失っても良いと思う金額以上は絶対に預けないようにしましょう。

BSC便利ツール
  • Binance Smart Chain Explorer:バイナンススマートチェーンのブロックチェーンエクスプローラーです。
  • Defistation:バイナンススマートチェーンのTVL(Total Value Locked)ランキングを確認できます。
  • DappRadar:チェーン別のDAppsのランキングを見る事が出来ます。定期的なエアドロップもあります。
  • Yieldwatch:あなたのアドレスを入力するだけで、BSCのDAppsの流動性プール、イールドファーミング、トークンステーキングのパフォーマンスを監視することが出来ます。
  • farm.army:同じくBCS上の資産を管理出来るツールです。Yieldwatchより多くの種類のDappsに対応しています。
  • Apeboard:クロスチェーンDeFiダッシュボードです。アドレスを入力するだけで、Ethereum、BSC、Terra、Solanaなどの異なるチェーンの資産を可視化出来ます。
  • BSC Tools:BSCの新しいプールやLPトークンのペア毎のチャートが見れます。
  • ApeRocket:PancakeSwapのLPトークンをApeSwapのLPトークンに変更出来ます。
  • Token Approvals:過去に自分のウォレットがApproveしたコントラクトを表示して、Revokeする事が出来ます。
  • Chainlist:Ethereum Virtual Machine(EVM)の中から、簡単にウォレットを適切なChain IDに接続する事が出来ます。

バイナンススマートチェーンを始める前に

それではすぐにイールドファーミングなどの高金利DeFiサービスをはじめたい所ですが、まずBSC系のDAppsを利用するには、バイナンスの口座とMetamaskなどのネットワーク設定が必要です。以下、2つの手順について説明します。

1)バイナンスの登録手順

ほとんどの方は既にバイナンスの口座をお持ちだと思いますが、まだの方はこちらから口座を開設して下さい。後で紹介しますが、BSCを利用する際には、保有しているトークンをBEP20の規格に変更しなければいけません。但し、バイナンスの口座を持っていると非常に便利です。無料のアカウント開設には、メールアドレスとパスワードによる簡単な登録が必要です。

1.メールアドレスとパスワードを入力し利用規約のチェックボックスに✅を入れ「アカウント作成」をクリック
2.パズルの空いた部分にピースをスライドさせて埋め込んで認証を完了

3.登録したメールアドレス宛に6桁の認証コードが届くのでコピーして30分以内に入力
4.登録が完了したらダッシュボードに移動

5.最初に必ず2段階認証の設定をしてから利用しましょう

2)MetaMaskのウォレット設定

次に、BSC系のDAppsを利用するにはMetamaskが便利です。まだお持ちでない場合はこちらからインストールして下さい。

BSCは、Ethereum Virtual Machine(EVM)を使用しています。従って、MetaMaskのネットワーク設定をデフォルトのEthereumメインネットから以下のBSCメインネットに変更する必要があります。

Binance Smart Chain Mainnetのネットワーク情報

  • Network Name:BSC Mainnet
  • New RPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • Chain ID:56
  • Currency Symbol :BNB
  • Block Explorer URL:https://bscscan.com

以下、設定手順になります。実際にBSCでMetaMaskを使う時は、この設定を選択してから利用して下さい。

1.MetaMask上部の「Ethereumメインネット」をクリック
2.一番下の「カスタムRPC」をクリック
3.ネットワーク情報を入力して「保存」をクリック
4.「BSC Mainnet」が設定されたら完了

取引所バイナンスでの入出金(BEP2とBEP20の違い)

Binance Smart Chain(BSC)は、Ethereum Virtual Machine(EVM)なのでBinance Chain(BNB)とは規格が異なります。従って、取引所の入出金時には規格を混同しないように気をつけなければいけません。それぞれのチェーンの規格は以下になります。

  1. Binance Chain(BNB):BEP2
  2. Binance Smart Chain(BSC):BEP20

BSCを利用する際には、必ずBEP20を選択する必要があります。このBSCの標準規格であるBEP20の名前の由来は、Ethereumの規格であるERC20から来ています。BEP20はEthereumのERC20とまったく同じです。

1)コインの出金

BSCでアルトコインなどを利用する場合は、一旦対象となるコインをバイナンスに入金し、出金の際にBEP20の規格を選択する事で、面倒な手続きが必要なく1:1の割合で簡単にBEP20に交換する事が出来ます。

BSCの利用における、バイナンス取引所Metamask間のやり取りは、全てこのBEP20の規格で行う必要があります。なおMetamaskの入出金先のアドレスは、Oxから始まる通常のEthereumアドレスになります。界隈では普段あまり使い慣れていない人達による、誤送金が多発しているようです。規格を間違えると資金を全額失ってしまいます。初回の少額のテスト送金やAddress Managementを使うなど、送金手続きは慎重に行いましょう。

2)Binance Smart Chain(BCS)のガス代

BSCのトランザクション手数料(ガス代)は、全てBNB(BEP20)で支払われます。BSCでDAppsを利用する際には、常に少額BNBを保有している必要があります。バイナンスなどの取引所でBNBを調達後、こちらも出金時にBEP20を選択する事で自動的に1:1の割合で引き出す事が出来ます。

3)コインの入金

今度は逆にMetamaskからバイナンスに入金する方法です。複数存在する入金口座の中からBEP20(BSC)を選択し、表示されたOxから始まるアドレス宛に送金して下さい。

4)MetaMaskにトークン残高が表示されない場合:XRPの場合

Metamaskにトークンを送金しても残高が表示されない場合は、ウォレットでカスタムトークンの設定を行い、トークン情報を認識させる必要があります。具体的には「Binance Smart Chain Explorer」から対象となるトークンを検索し、0xから始まるContract情報をコピーしてMetaMaskに設定します。

以下、XRPの場合の手続きになります。

1.Binance Smart Chain Explorerのトップページで対象となる通貨を入力(今回はXRP)
2.0xから始まるContract情報をコピー

3.MetaMask下部の「トークンを追加」をクリック
4.「カスタムトークン」をクリック
5.Binance Smart Chain ExplorerからコピーしたXRPのContract情報を「Token Contract Address」にペースト
6.トークンが表示されたら「トークンを追加」をクリックして完了

Binance Coin(BNB)について

バイナンスには、独自のエコシステムトークンであるBNBが存在します。BSCの基軸通貨はこのBNBであり、ガス代の支払いなどにも利用されます。従って、BSCのDAppsを利用する上で、BNBがどのような仕様なのかも理解しておく必要があります。

BNBは、バイナンス取引所がオープンする直前の2017年6月26日-7月3日に行われたICOでローンチされました。総発行数は200,000,000 BNBで、当初はERC-20系トークンとして誕生しましたが、2年後のBinance Chainのメインネット移行後に1:1の比率でBNB(BEP2)として再発行されました。

ICOでは総発行数の50%にあたる100,000,000 BNBが15セントで販売され、合計1,500万ドルを調達しました。調達した資金の内訳は、35%がバイナンスのプラットフォームと取引所システムのアップグレードに、50%はバイナンスのブランディング、マーケティング、新規イノベーターの教育に、残りの15%は緊急時や前例のない状況に備えての予備費となっています。

BNB配布内訳

以下、ホワイトペーパーによる配布の内訳になります。

ホルダー割合ロックアップ期間
ICO50%100,000,000なし
創設者チーム40%80,000,000備考
エンジェル投資家10%20,000,000なし
備考:創設者チームの権利確定は初回リリース時に20%(16,000,000BNB)その後は同じ比率で4年間に渡って実施
BNBのユースケース
  1. BNBは、バイナンス取引所での手数料の控除をサポートします。(初年度:50%オフ:2年目:25%オフ:3年目:12.5%オフ:4年目: 6.75%オフ:5年目:割引なし)
  2. BNBは、Binance Launchpad(バイナンスローンチパッド)がホストするトークンセールに使うことが出来ます。
  3. BNBは、新しいコインをリストする為の投票に使用できます。
  4. BNBは、より多くのベンダーがBNBを決済手段として受け入れています。 
  5. BNBは、BSCのネットワーク費用として利用されます。
  6. BNBは、ステーキングなどに利用出来ます。
BNBの買戻しスキーム

バイナンスでは、四半期毎の営業利益の20%にあたるBNBをBurnします。最終的には、総発行枚数の50%にあたる100,000,000 BNBまで燃やす予定です。バイナンスのBurnは、いわゆる市場での買い戻し方式ではなく、バイナンスの保有分を燃やす事によって供給量を減らす方式を取っています。この対象となる保有BNBとは、当初創設者チームに与えられる予定だった80,000,000 BNBを指し、これらが全て燃やされた後に取引所でのBurnに移行すると説明されています。

回数買い戻し量供給量に対する割合金額(ドル)BNBの価格
第1回986,0000.49%1,500,0001.50ドル
第2回1,821,5860.91%40,300,00021.96ドル
第3回2,220,3141.11%30,000,00013.52ドル
第4回2,528,7671.26%33,200,00012.93ドル
第5回1,643,9860.82%16,200,00010.34ドル
第6回1,623,8180.81%10,000,0005.83ドル
第7回829,8880.41%15,600,00018.79ドル
第8回808,8880.43%23,838,00029.47ドル
第9回2,061,8881.10%36,700,00017.79ドル
第10回2,216,8881.11%38,000,00017.50ドル
第11回3,373,9881.69%52,466,00015.55ドル
第12回3,477,3881.74%60,500,00017.40ドル
第13回2,253,8881.13%68,000,00030.20ドル
第14回3,619,8881.81%165,791,00045.80ドル
第15回1,099,8880.65%595,314,380541.25ドル

DApps(分散型アプリ)サービス一覧

それでは、Binance Smart Chain(BSC)上の代表的なDAppsを紹介して行きます。繰り返しになりますが、スマートコントラクトに資金を預けることは常にバグや虚弱性のリスクを伴います。当サイトでは、投資等により生じた損失に関して一切責任を負いません。基本的にこれらのサービスの利用を行う場合、すべて自己責任となりますのでご了承下さい。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

2020年9月23日にオープンしたBSCでBEP20トークンを相互に交換出来るAMM DEXです。BSCで一番の人気のAMMプラットフォームであり、Binanceファンドが350,000ドルを投資したプロジェクトの1つになります。流動性プロバイダーとして2つの通貨ペアを1:1の比率でプールする事によって、プールのシェア率に応じて0.17%の手数料と、イールドフォーミングによってガバナンストークンであるCAKEを受け取る事が出来ます。他にも、NFT(Non-Fungible Token)やIFO(Initial Farm Offering)など、幅広いコンテンツがあります。

Venus Protocol(ヴィーナス プロトコル)

2020年11月24日にオープンしたBSCでマネーマーケットと合成ステーブルコインを提供するDappです。BSCで最初に分散型ステーブルコインを発行し、レンディングサービスを開始したプロジェクトになります。Facebookのバスケット通貨であるLibraに対抗して作られました。Venusの特徴は、ローンの貸し手だけでなく借り手にも流動性供給のインセンティブとしてガバナンストークンであるXVSを配布している点です。さらに金利報酬を貰いながらVAIを発行し、ステーキングによって高い利回りを獲得する事が出来ます。

Berry Data(ベリーデータ)

2021年3月12日にメインネットが立ち上がった、BSCで価格フィードを提供する分散型オラクルネットワークです。チームはBSCで最も広く利用されるオラクルを目指しており、パートナーシップを拡大しています。Berry DataにはガバナンストークンであるBRYがあり、公式サイト上でPancakeSwapのLPトークン(BRY-BNB)を使用してファーミングを行う事が可能です。BRYトークンは、データフィードへの支払い、ガバナンス投票、ステーキングによるデータ検証に利用されます。

<随時情報は追加します>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

バイナンススマートチェーン(BSC)の使い方と口座開設方法” に対して8件のコメントがあります。

  1. Watanabe より:

    大変優良な記事をありがとうございます。
    いつも参考にさせていただいております。

    質問があります。

    BinanceからBSCでXRPをMetaMaskへ送付はできましたが、送ったXRPをMetaMaskからBianceに戻す方法がありましたら教えていただけないでしょうか?

    Pancakeswap上ではXRPの残高が確認できますので問題ありませんが、MetaMask上ではXRPの確認できず、送金指示ができませんでした。
    送ったMetaMaskにXRPは、最終的にはBNBなどに両替をしてBinanceに戻すしかないでしょうか?

    もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    1. cryptocurrency3 より:

      >MetaMask上ではXRPの確認できず、送金指示ができませんでした。

      もしかしたらカスタムトークンの設定が出来ていないのかも知れません。
      以下のBSCのエクスプローラからXRPのContract情報をコピーしてMetaMaskの「トークンを追加」→「カスタムトークン」へ情報をペーストしてみて下さい。
      https://bscscan.com/token/0x1d2f0da169ceb9fc7b3144628db156f3f6c60dbe

      メタマスクからバイナンスへの入金は「3)コインの入金」で説明しておりますご確認下さい。

      1. Watanabe より:

        早速お返事をいただきありがとうございます。

        教えていただいた方法でカスタムトークンの設定ができ、MetaMaskでXRPの残高を確認することができました。

        大変助かりました。

        ありがとうございました。

  2. 初心者 より:

    失礼いたします。
    可能であればご教授ください。
    メタマスクの挙動についてです。
    前提として、自分の同一アカウント内での話です。

    例えば、BSCネットワーク上にあるETHをメインネットワーク上へ移すには。。。
    なにか方法はあるのでしょうか。

    つまり、ETHをメインネットワーク上で合算したい場合です。
    これは自分のアカウント内とはいえ、物理的に不可能な仕様なのでしょうか。

    1. cryptocurrency3 より:

      記事でも書いていますが、基本的にBSC上のETHはバイナンス上のペギーコインで、一見同じETHに見えても全く異なるアセットになります。現時点では、一度バイナンスに送金してから、ETHのメインネットへ出金して交換する必要があると思います。

      しかし、バイナンスグループが運営する別のウォレット「Trust Wallet」では、アカウント内のSwap機能を使って、異なるチェーン同士に存在するETHを一つにまとめて管理する事が出来ます。宜しくお願い致します。

  3. nobara007 より:

    検索エンジンから、こちらのサイトに来ました。気になっていることとがありよろしければ、教えて下さい。
    メタマスクから、ETHをメインネットワークにて、バイナンスへDOGEコインを送金しました。Transactionは、Success になっていますが、1日経っても、バイナンスには入金されていません。低速で送金しましたが、こんなに遅いものでしょうか? バイナンスへ問い合わせをしていますが、まだ返事がありません。また、バイナンス側のウオレットの入金欄を見ると、「仮想通貨またはトークン以外を送金中です。 DOGE このアドレスに送金すると入金額を失う可能性があります。」 という表示が出ています。 

    1. cryptocurrency3 より:

      内容を見る限り、送金先アドレスを間違えている為届かないだけだと思われます。
      つまり誤送金だと思われます。正しい送金方法はページで案内しております。ご確認の程宜しくお願い致します。

  4. nobara007 より:

    ご返信ありがとうございます。すみません、上記の記載が間違っていました。正しくは、

    メタマスクから、DOGEをイーサリアムメインネットワークから、バイナンスのDOGEアドレスへ送金をしました、です。
    ご説明のように、BEP20 の バイナンスのDOGEアドレスへ送っております。送金時には、このアドレスを選択しないと、送金ができないようになっていました。日本円で、26万円程度ですが、諦めるしかないのでしょうか。バイナンスからメタマスクへの送金は、再々していますが、問題なく、できています。その逆が上手くいかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA