カルダノ初のDeFiソリューションLiqwid Finance(リキッドファイナンス)の解説

Liqwid Finance(リキッドファイナンス)の概要

Liqwidは、2020年の初めに考案されたプロジェクトです。Cardano Goguenが開始された直後にADA保有者にユーティリティをもたらします。このカルダノネットワーク上で展開される初のDeFiプラットフォームは、peer-to-poolレンディングに焦点を当てており、流動性を提供するユーザーに報酬としてガバナンストークンを配布します。Liqwid Financeは、オープンソースの非保管型流動性プロトコルであり、アルゴリズムによる貸付と自動流動性供給の為のクロスプラットフォームとして機能します。借り手と貸し手は、固有のカルダノネイティブアセット(ADA、LQなど)が利用出来、プールされた資金から利息を得る事が可能です。

チームは、国連とIOHK主催のワイオミングハッカソン2020の受賞者です。コア開発チームは、ソフトウェアベンチャースタジオのAppinventivとHaskell Fintechの専門家であるTweagと提携し、Plutus(プルータス)のテストネット上にLiqwid v1を構築しています。またカルダノの分散型ファンドであるProject Catalyst(プロジェクトカタリスト)のFund2において、メインネットオープンまでのシード資金も確保しました。なおこのプロジェクトは法人ではなく、コミュニティ主導のアプローチであるDAO(LiqwiDAO)を採用する事を決定しています。

分散型インスタント借入プロトコルのコアサービス

以下が、Liqwid Financeのコアサービスになります。

  • 預金で利息を稼ぐ:ユーザーは、Liqwid市場に資産を預け入れ、1回の取引確認で預金に対してアルゴリズム的に計算された利息の獲得を開始することが出来ます。
  • 資産を借りる:利用者は、現在の市場の需給をもとにアルゴリズムで計算された金利を用いて、Liqwid市場からゼロに近い手数料で資産を借りることが出来ます。
  • 信用情報や個人情報をオンチェーンで所有する:ユーザーは、Liqwid市場で資産を預けたり、借りたり、返済したりする際に、受動的にデータを生成します。Liqwidはゲーム理論を使用して、ローンの組成手数料を動的に0に値下げし、担保の必要性を最小限に抑えることで、ユーザーが強力なオンチェーンクレジットを開発するようにインセンティブを与えます。
  • ビルド:開発者は、利子、データ、流動性をアプリに直接組み込んだり、Liqwidのオープンソフトウェアスタックの上に新製品を構築したりすることが出来、ユーザーは分散型データマーケットプレイスで信用情報を販売することが出来ます。
  • 検問耐性:Liqwidは誰にも制御されないプロトコルです。私たちのチームは、流動性と金利を提供するという銀行のコア機能を置き換えるために、アルゴリズムに最適化されたマネーロボットを開発しています。LiqwidのコアプロトコルはCardanoの分散型レール上で動作します。
  • アーリーアダプター:Liqwidに組み込まれた成長インセンティブは、Liqwidのガバナンストークンを所有することで、プロトコルの成長と持続可能性を推進する初期のプロトコルユーザー/開発者に金銭的な報酬を与えます。

Liqwid Financeは始まりにすぎない

カルダノがGoguen期に入ると、Plutus上に構築された金融コントラクト用のDSL(ドメイン固有言語)であるMarlowe(マーロウ)を使用する事が可能になります。このMarloweには、業界の専門家がプログラマーでなくとも金融関係のスマートコントラクトを簡単に構築できる、Meadow(メドウ)が搭載されています。これにより、カルダノは実社会でも適用出来るエンタープライズレベルのスマートコントラクトをエコシステムに提供する事が可能になります。

つまり、今後カルダノのエコシステムには様々な種類のDeFiが誕生します。あなたはオープンソースのレゴのように組み合わさったアプリケーションで、金利や手数料にレバレッジを掛ける事が可能になり、他のプラットフォームを併用すればオリジナルな方法で運用する事が出来ます。

Tokenomics(トークノミクス)

Liqwid Financeでは、他のプロジェクトと違い無料のエアドロップは行いません。代わりにスタート時にユーザー配布とイールドファーミングによる、公正なインセンティブプログラムが行われます。ADAなどのネイティブアセット(USDC、AgeUSD、ERG、LQなど)でプロトコルに流動性を提供するユーザーにのみ、インセンティブとしてLQトークンが分配されます。これは2021年第2四半期中に暫定的に予定されている、Cardano Goguenのハードフォークコンビネータと同じタイミングで開始されます。

LQトークンの配布構成

Liqwid Financeでは、議決権を持つガバナンストークンであるLQが発行されます。LQトークンは、マルチ通貨台帳のローンチ時に作成される、カルダノのネイティブカスタムトークンです。

総発行数は21,000,000 LQで、トークンの配分はユーザーに60%、イールドファーミングに10%、DAOトレジャリーに5%、コアチームに25%が与えられます。LiqwiDAOトレジャリーの5%は、最終的にGoguenとVoltaireの機能を利用して、Liqwidプラットフォーム上でイノベーションを起こしている開発者へ投票を通して分配されます。

創業者、アドバイザー、テクノロジーパートナーに割り当てられるコアチームの25%は、エポック(5日間)毎にトークンが放出されるスマートコントラクトに、2年間(146エポック期間)ロックされます。権利確定期間は、イールドファーミングメカニズム(Hydroponica)の立ち上げから始まり、1エポック当たり35,958.904LQ(0.68%)、合計5,250,000LQが分配されます。

ホルダー割合配布期間
(エポック)
1エポック
当たり
ユーザー配布60%12,600,000LQ14686,301LQ
イールドファーミング10%2,100,000LQ3658,333LQ
DAOトレジャリー5%1,050,000LQ11,050,000LQ
コアチーム25%5,250,000LQ14635,959LQ
LQトークンの配布に関する詳細はコチラから確認可能

以下が最新のホワイトペーパーになります。

Liqwid Financeのガバンストークンのディストロビューション

2段階の流動性マイニングプログラム

Liqwidでは、将来のプロトコルユーザーに公正かつ包括的な方法でガバナンストークンを配布します。Liqwid v1の立ち上げから、プロトコルのアップデートやトレジャリーファンドに関するすべての提案は、このガバナンストークン(LQ)の保有者から提案されます。

Liqwidでは、今後以下のユーザー配布契約とイールドファーミング(ステイク)契約の2段階の流動性マイニングプログラムをリリースする計画です。これらの全ての契約に対して、セキュリティ監査が実施される予定です。

1)ユーザー配布:Aquifer(帯水層)

ユーザー配布プログラムのAquifer(帯水層)は、プロトコルの利用状況に基づいてガバナンストークン(LQ)が分配するように設計されています。イールドファーミングプログラムの最初のエポックと同時に、ユーザー(借り手/供給者)は、各ブロックごとに発生した各市場の借り手の利子に比例してLQを稼ぎ始めます。

プロトコルはまず、ブロックごとに指定された量のLQトークンを割り当て、LQの拡大率に比例して各市場に配分されます。市場で発生した利子に比例して、カルダノブロックごとに0.5~1LQが各市場に分配され、各市場においてその借入額と供給額に応じてLQトークンが分配されます。各市場には、単位あたりの未払いトークンを追跡するための「供給指数」と「借用指数」があります。(単位は、借り手にとっては借用資産であり、供給者にとってはqTokenになります)

各市場内では、借り手と供給者にそれぞれ半分ずつの50%のLQトークンが割り当てられます。ユーザー分配プログラムは、ユーザーが獲得した金額がしきい値を超えると自動的に分配されます。Aquifeは、2年間に渡って総発行数の60%の12,600,000LQが配布され、各エポック毎に86,301.369LQが分配されます。

2)イールドファーミング:Hydroponica(水耕栽培)

Hydroponica(水耕栽培)は、イールドファーミングによるステーキング契約です。この契約では、qToken(ADA、USDC、AgeUSD、ERG、LQなど)をステークするメンバーにLQトークンが配布されます。qTokenは、初回入金時に発行(mint)されます。イールドファーミングの参加者には、各エポックの終わりにLQトークンを償還するオプションがあります。

LQトークンは、カルダノエポックと同じ5日毎に配布されます。ユーザーの利回りは、Hydroponicaのプールにステークされている総量に対して計算されます。ユーザーはいつでもプールにqTokenを追加することが可能で、ステークされた時間に比例して報酬を得る事が出来ます。但し、LQを換金するにはエポックの終了時までステークしなければなりません。Hydroponicaでは、半年間に渡って総発行数の10%の2,100,000LQが配布され、各エポック毎に58,333.35LQが分配されます。

<随時情報は追加します>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA