フレアネットワークのスパークトークン(Spark:FLR)のオプトイン申請の方法

スパークトークン(Spark token:FLR)の概要

Flare NetworkのネイティブトークンであるSpark (FLR)は、ICOではなくXRPのユーティリティフォークによって誕生します。この新しく登場するFLRトークンは、エージェントによってFlare Networkのアルゴリズムベースのステーブルコインの担保として使用されます。

今から説明する手続きは、2020年12月12日のGMT 00:00(日本時間午前9時)に実施されたスナップショットの時点で、フォークをサポートする取引所ではなくXRP Ledgerで自己管理していた方が対象です。Sparkの請求方法は、XRPLアドレスのMessage KeyフィールドにFlareアドレスを設定するだけです。XRPL LabsのWietse Wind氏が開発したツールを使うと簡単に行えます。これらはスナップショットの日付から6ヶ月以内に行う必要があります。

あなたはこの手続きを行う事により、スナップショット時に保有していた1XRPに付き1.0073の割合で、FLRトークンを受け取ることが出来ます。但し、このFLRトークンは一括で全てが貰えるわけではありません。初回のメインネットの立ち上げ時に全体の15%を、残りの85%を最短25カ月から最大34カ月かけて受け取る事になります。なお、毎月の配分は2~4%の範囲でオラクルによって自動的に決定されます。

もし、請求手続きが初回の配布後になってしまった場合でも、一度に「最初の分配金15%+ロック期間の対象分」が受け取れるのでご安心下さい。また、6ヶ月経っても未請求のFLRは、F-Assets保有者への報酬プールに回されてしまいます。ご注意下さい。

日本の取引所連合にXRPを預けていた場合

日本の取引所連合は、2020年12月4日にFlare Networksとの合意条件として、次のような共同声明を発表しています。

「Sparkトークンが2022年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁に上場承認された場合、当該国内事業者はSparkトークンを請求しXRP保持者に分配する」

<国内事業者12社一覧>

  • 株式会社bitFlyer
  • QUOINE株式会社(Liquid by Quoine)
  • ビットバンク株式会社
  • SBI VC トレード株式会社
  • フォビジャパン株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社Xtheta
  • コインチェック株式会社
  • 株式会社ディーカレット
  • LVC株式会社(BITMAX)
  • その他1社

Sparkトークン(FLR)の請求手順

それでは具体的な請求手続きに入って行きましょう。基本的にSparkトークンを請求するには、以下の流れで行う必要があります。

  1. まずWietse Wind氏が開発したツールflare.wietse.comでEthereumアドレスからMessage Keyを作成
  2. 次に作成したMessage KeyをXRP ToolkitやXUMMアプリでXRP Ledgerと紐づけ

それでは代表的なXUMM(サム)とLedger Nanoでの請求手順をこれから紹介します。

1)XUMM(サム)の場合:iOSの手順

はじめにXUMMでの申請方法について説明します。XUMMは、あなたがXRP Ledgerを直接管理することが出来るアプリになります。XUMMを使えばペーパーウォレトからの復元も可能です。Ledger Nanoと比較して、XUMMの方が簡単にオプトイン申請が出来ます。まだアカウントをお持ちでない方は、以下のページを参考に開設してみて下さい。

申請作業に入る前に、XUMMモバイルアプリとMetaMaskなどのEthereumと互換性のあるアドレス(秘密鍵を所有)の2つを準備して下さい。(秘密鍵を所有していない取引所のアドレスは絶対に使用しないで下さい。)次に、EthereumアドレスからMessage Keyを作成する為に、「flare.wietse.com」にアクセスします。

1.免責事項を確認したら全てのチェックボックスに✅を入れ「Continue」をクリック
2.青色の2A.側の「XUMM Sign In」の「Continue」をクリック

3.表示されたQRコードをXUMMのアプリで読み取る

4. XUMMの下部中央のスキャンボタンでカメラを起動し③のQRコードを読み取る
5.Sparkトークン請求のトランザクションが表示されるので「受け入れる」をクリック
6.FaceIDでトランザクションの認証を実施
7.トランザクションに署名したら「次へ」をクリック

8.下の「Skip this step,I own an ETH compatible account & own the secret」をクリック
9.準備したEthereumアドレスをコピー&ペーストして「Next」をクリック

10.中央黄色の「Scan a QR code instead」をクリック
11.表示されたQRコードをXUMMのアプリで読み取る

12. XUMMの下部中央のスキャンボタンでカメラを起動し⑪のQRコードを読み取る
13.Message Keyのトランザクションが表示されるので「受け入れる」をクリック
14.FaceIDでトランザクションの認証して送信
15.正常に送信されたら「次へ」をクリック

16.最後に上記画面が表示されたら申請作業が終了

2)Ledger Nanoの場合:Ledger Nano Sの手順

申請作業に入る前に、最新のLedger Nanoのファームウェアをアップロードし、XRPとETHアプリがインストールされているか確認して下さい。メインネット立ち上げ時には、Towo LabsによってFlare Networkが利用可能なアプリがLedger Liveで提供されます。次に、EthereumアドレスからMessage Keyを作成する為に、「flare.wietse.com」にアクセスします。

1.免責事項を確認したら全てのチェックボックスに✅を入れ「Continue」をクリック
2.黄色の2B.側の「Don’t use XUMM」の「Continue」をクリック

3.下の「Skip this step,I own an ETH compatible account & own the secret」をクリック
4.Ledger Liveを起動してEthereumアドレスをコピー

5.コピーしたEthereumアドレスをペーストして「Next」をクリック
6.あなたのMessage Keyが作成されるのでコピー

7.「XRP Toolkit」にアクセス
8.「Connect Wallet」をクリック

9.Ledger Nano SでXRPのアプリを開いて「Connect to Ledger」をクリック
10.Nano Sを選択して「接続」をクリック

11.「Confirm」をクリック
12. あなたのアカウントがXRP Toolkitに接続

13.左上の「Account」から「Properties」をクリック
14.Message Keyの入力欄に先ほど作成したMessage Keyをペーストして「Update」をクリック

15.パソコンだけでなくLedger Nano S本体にも同じトランザクションが表示されるので内容を全て確認したら最後に表示される「✔Sign transaction」で左右両ボタンを同時押し
16.トランザクションが処理されたら管理画面のLatest Transactionsに表示されたUpdated account settingsをクリック

17.Transactions summaryからMessage KeyがXRP Ledgerに登録されている事が確認出来たら請求作業が終了

flaretoolsで申請設定の確認

Message Keyが正しく設定されているか否かは「flaretools」でも確認出来ます。念の為こちらでも確認しておきましょう。

1.flaretoolsにアクセスしてXRPアドレスを入力
2.XRP Address、Message Key、Spark Addressの3つが正しく設定されていればこの画面が表示されます

Sparkトークン(FLR)の申請に関するよくある質問

以下は、Flare Networkのホームページ上に記載されていたSparkトークンの申請に関するQ&Aの日本語訳になります。既に請求手続きを終えた方も、FLRの理解を深める為に一通り目を通しておきましょう。

よくある質問の回答集Q&A(日本語訳)
Sparkトークンを請求できるのは誰ですか?

Ripple Labsを除くすべてのXRP所有者と、Ripple Labsの過去の従業員がSparkトークンを請求することができます。

スパークトークンの数は?

450億です。

分配金はどのように配分されていますか?

現在、約450億のXRPトークンがありますが、これはRipple Labsの非保有者に配布されています。これらは、自己保管しているホルダーと、取引所や他のプロバイダーで自分のXRPを保持しているホルダーに分配されています。

まず最初に特定の元帳インデックス番号のすべてのXRP元帳アドレスのスナップショットが撮られます。

次にこのスナップショットに属する既知のアドレスから Ripple Labs、Ripple Labsの特定の元従業員、およびFlareのサポートを確認していない取引所は削除されます。

450億のSparkトークンを請求する権利は、スナップショットのXRP残高に応じて、残りの各アドレスに分配されます。これにより有効な請求者が保有しているXRPトークンに対して、1つ以上のSparkトークンを受け取ることになるかもしれません。これは、参加していない取引所が配布から除外されているにもかかわらず、現在配布されている450億トークンにカウントされているためです。

私の取引所はSparkの配布をサポートしていますか?

サポートしている取引所の顧客であれば、その取引所はXRPの保有量に応じてSparkトークンを顧客に分配することを公に表明しています。もしあなたの取引所がリンク先に表示されていない場合は、あなたの取引所は参加していないと考えてください。

取引所がSparkトークンを配布してくれない場合はどうすればいいですか?

取引所がSparkトークンをクライアントに配布するかどうかを決定し、確認するためには、取引所に相応の時間を与えたいと考えています。まず、取引所にSparkトークンをサポートするように圧力をかけ、弊社に連絡するように伝えてください。それでも取引所がSparkトークンをサポートしない場合は、XRPをサポートしている取引所に移すか、XRPを自己管理に移す必要があります。

重要: スナップショットの日までにこれらのアクションを行う必要があります。

スナップショットの日付はいつですか?

2020年12月12日 00:00 GMTのタイムスタンプを持つ最初の検証済みXRP元帳

この日付は、Flareのテストネットの名前の由来であるマーサ・コストンの誕生日を記念して選ばれました。

Sparkトークンの請求方法を教えてください。

自己管理している場合、Sparkトークンを主張する方法は、XRP LedgerアドレスのMessage KeyフィールドにFlareアドレスを設定するだけです。(このプロセスの詳細は記事の最後にあります。)Sparkを請求するには、スナップショットの日付から6ヶ月以内にこれを行う必要があります。

あなたのXRPがサポート取引所に保管されている場合は、その取引所が申請手続きと配布を代行してくれます。取引所のウェブサイト/アプリ内でいくつかのアクションを行う必要があるかもしれません。

スナップショットの日付から6ヶ月後に請求されないSparkはどうなりますか?

燃やされます。変更:F-Assets保有者へのリワードプールに回されます。

Flareアドレスとは?

FlareはスマートコントラクトにEthereum仮想マシンを使用しています。Flareアドレスは、同じキー導出スキームを使用するEthereumスタイルのアドレスです。FlareアドレスはEthereumブロックチェーン上にはありません。

自己管理する場合、複数のXRPLアカウントで同じEthereum互換の公開鍵を使用してSparkの請求手続きを行うことはできますか?

はい。 但し、XRPLアカウントが一緒にリンクされているとプライバシーの問題が発生するため、お勧めできません。

自己管理した場合、ハードウェアウォレットのEthereum公開鍵をSparkのアドレスとして使うことはできますか?

はい。ただし、FlareはEthereumとは別のネットワークであり、SparkはEthereum上で配布されるのではなく、Flare上で配布されることに注意してください。また、EthereumアカウントとXRPLアカウントがリンクされてしまうと、プライバシー上の懸念があることにも注意してください。

私のSparkはどのように配布されるのですか?

Flare Networkは、ステートコネクターシステム(Flareのホワイトペーパーに詳細が記載されています)を介してXRPLの状態を自動的にエンコードします。これは、Sparkトークンを配信するために中央集権的なエンティティやキーホルダーのクローズドなセットが存在しないことを意味します。

自分で管理している場合、SparkトークンはFlare Network上で動作するスマートコントラクトによって配信されます。ネットワークが稼働した後にSparkを請求することは出来ますが、スナップショットから6ヶ月経過した後は請求できません。Sparkトークンは、請求プロセス中に指定されたFlareアドレスに配信されます。ローンチ時には、いくつかのFlare対応ウォレットが用意されています。

サポートしている取引所でXRPを保有している場合は、その取引所の口座にSparkトークンが配信されます。

Sparkの価値とは?

Sparkの価値についてコメントすることはできませんし、今後もコメントすることはありません。

FlareはSparkディストリビューションを使用して、私が所有しているXRPの数または私が誰であるかを判別できますか?

Flareは請求プロセスにおいて、XRPLedgerで公開されていない情報を受け取ることはありません。

SPARKを請求する為のXRPLedgerアカウントの準備

まず秘密鍵を保持しているEthereumと互換性のあるアドレスを取得します。

これらを使用することで、このような形式の公開アドレスを取得することが出来ます。
例:0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61
既存のEthereumアドレスを使用する事も出来ますが、上記のQ&Aのプライバシーへの配慮をご覧ください。

  1. 「0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61」という形式のEthereum対応のアドレスを取り、先頭から0xを取り除き、残りの文字を大文字にしてこの形式の文字セットを作成します。「415F8315C9948AD91E2CCE5B8583A36DA431FB61」 注:元のアドレスの大文字小文字は関係ありません。
  2. 02 + 24 のゼロを大文字の文字セットに追加すると、次のようになります。「02000000000000000000000000415F8315C9948AD91E2CCE5B8583A36DA431FB61」
  3. この値をXRPLアカウントのMessage Keyに設定します。そうすればあなたのXRPLアカウントはあなたのアドレス「0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61」でフレアネットワーク上のSparkトークンを受け取る準備が整います。
https://flare.wietse.com

XUMMウォレットとLedger NanoのXRPホルダーの方は、XRPL Labsの創設者であるWietse Windが開発した上記のツールを利用して下さい。

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フレアネットワークのスパークトークン(Spark:FLR)のオプトイン申請の方法” に対して6件のコメントがあります。

  1. 水島 より:

    レジャーナノs で、オプトイン申請したのですが、事後オプトインというのは必要なのでしょうか?
    やり方がわからなく困っております。

    1. cryptocurrency3 より:

      スナップショット後オプトイン申請を行っていれば、再度オプトン申請は必要ありません。不安であれば、ぺージ上で紹介しているflaretoolsで申請設定の確認を行って下さい。

  2. 松島 より:

    初めまして、分からない事があり質問させて頂きます。
    レジャーナノs で、オプトイン申請したのですが、flaretoolsで申請設定の確認でキーメッセージやアドレス、貰えるトークンの数が反映された画面が表示されれば、オプトイン申請、請求申請が無事に終わっていると考えて良いのでしょうか?
    ほかに必要な作業ありましたら教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

    1. cryptocurrency3 より:

      はい、大丈夫です。他に作業は必要ありません。
      宜しくお願い致します。

  3. やすし より:

    初めまして。質問させて下さい。flaretoolsに入力するxrpアドレスはどれを見て
    入力すればよろしいでしょうか?レジャーナノsを使っています。

    1. cryptocurrency3 より:

      スナップショット時に利用した「r」から始まるXRPLのアドレスになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA