フレアネットワーク(Flare Network)の概要とSparkトークンの使い方

Flare Network(フレアネットワーク)の概要

Flare Networkは、AvalancheプロトコルでFBA(Federated Byzantine Agreement)コンセンサスを採用する、世界初のスマートコントラクト・プラットフォームです。Ethereum Virtual Machine(EVM)を統合し、パブリックとプライベートでスマートコントラクトの利用を可能にします。Flare Networkを開発するFlare Networks Limitedには、Ripple社の投資育成部門であるRippleX(旧Xpring)が出資しており、2021年6月にはGrayscaleの親会社でもあるDigital Currency Group、Cardano系列のCFundやAlgorand系列のBorderless Capital、LitecoinとTerraの創業者などから、合計1,130万ドルを調達しています。

プロジェクトは2017年に立ち上がりステルスモードで取り組まれて来ましたが、2019年11月にRippleXと提携し、XRPにスマートコントラクト機能を実装する事を目指して来ました。2020年5月にはテストネットのCostonを立ち上げ、2021年7月には本番環境でのテスト運用が可能なSongbird(ソングバード)を発表。Songbirdは、開発者がDAppsのバグやその他の問題を見つける為の、実験的なプラットフォームとして機能します。

Flare Networkは、アルゴリズムベースのステーブルコインF-Assets(FLR20:FXRPなど)の発行、使用、償還を可能にする独自のレイヤ1ソリューションになります。ノードはAvalancheのフォークでState Connectorとコンセンサスプロトコルを実行し、FBAはXRP Ledger(XRPL)のUNL(Unique Node List)を優先する設定に変更されています。なお、AvalancheのContract Chain(C-Chain)はEVM互換性の為、Ethereumの開発言語であるSolidityによる開発が可能です。従って、Binance Smart Chain(BSC)同様、Ethereum上のプロジェクトをFlare Networkに移行するは簡単です。

Flare Networkでは、Ethereumのような高いガス代を支払う必要も無く、BSCよりも高速かつ低コストでDeFi(分散型金融)を楽しむ事が出来ます。Flare Networkで発行されたFXRPは、CosmosやPolkadotのような相互運用性プロトコルを介して、他のネットワークでも利用が可能になります。従来、XRPなどの資産はEthereum上のDeFiサービスでは運用する事が出来ませんでしたが、今後は他ネットワーク上での運用やF-Assetsの保有リワードなど、より高い収益が期待出来ます。

セキュリティと監査

Flare Networkのコードは、メインネットのローンチ前に第三者のサイバーセキュリティベンダーであるTrail of Bitsなど、現在3社からセキュリティ監査を受ける予定になっています。また、Flare Networkの実験的なカナリア・ネットワークであるSongbirdでライブテストを稼働し、徹底的にテストを行った後、2021年9月末に予定されている最終監査を経てローンチされる予定です。Songbirdは、PolkadotのKusama Networkに該当し、本番環境でサードパーティのDappsやFTSO、State Connector、F-Assetシステム関するテスト運用が行われます。

評判の高い監査済みのプロジェクトであっても、スマートコントラクトに資金を預けることは常にバグや虚弱性のリスクを伴います。CeFiとDeFiは異なります。資金はCeFiと併用して運用し、失っても良いと思う金額以上は、絶対に預けないようにしましょう。

Flare Networkによる収益機会の拡大

以下、Flare Networkによる主な4つの収益機会になります。

  1. F-AssetsのFLRリワード・ドロップ:Flare Networkの資産であるF-Assets保有者には、毎日F-Assets全体の保有価値の比率に基づいて、Spark(FLR)が報酬プールから与えられます。但し、FLTCは専用プールになります。
  2. FTSOのオラクルリワード:FLR保有者は、シグナルプロバイダーの運営や投票権の委任によってオラクル報酬を獲得出来ます。初年度の報酬は、最初に流通するFLRトークンの10%に設定されています。
  3. エージェントによる収入:エージェントとして、F-AssetsシステムにFLRを担保に提供・維持する事で、手数料収入とアービトラージの機会を得る事が出来ます。
  4. 他ネットワーク上におけるDeFi運用など:アルゴリズムステーブルコインであるFXRPなどは、Flare NetworkだけでなくCosmosやPolkadotのような相互運用性プロトコルを介して、他のネットワークでも利用する事が可能になります。
Flare Networkが解決するブロックチェーン業界の2つの問題

また、Flare NetworkはPoS(Proof of Stake)と違い、安全性とトークンの価値をリンクさせず、スマートコントラクトをスケーリングする方法を提供します。FBAコンセンサスは、XRPLやStellarも採用する合意形成アルゴリズムで、ノード運営に経済的インセンティブを必要としません。これによって、PoSのような持続不可能なスケーリングモデルではなく、真に持続可能なスケーリングモデルを達成出来ると考えています。Flare Networkは、現在ブロックチェーン業界が抱える、以下の2つの問題を解決したいと考えています。

  1. パブリックチェーン上の75%の価値が、信頼できる方法でスマートコントラクトを利用する事が出来ない点
  2. スマートコントラクト・ネットワークにおける潜在的なスケーリング問題

なぜFlare NetworkはPoSを採用しないのか

Flare Networksは、PoSはトランザクションスループットを拡張する事は可能だが、以下の点で既存社会の実装では価値を拡張する事が出来ないと考えています。

  1. 当面の問題は、ステーブルコインを作るために担保を提供する際、他により高い利回りが得られる方法があった場合、経済的合理性によりステイクは遠ざけられ、ネットワークの安全性が損なわれる危険性がある。
  2. 長期的な問題として、PoSの上に構築された価値が高まると、ネットワークの安全性の観点より、それを支えるステークトークンの価値が上昇しなければならない。これはネットワークを守る為だけに、資本を他の用途から流用されなければならない事を意味し、当然商取引に見合わないコストを負担せざるを得ず、現実的ではない。

アルゴリズムステーブルコイン(F-Assets)の仕組み

Flare Networkの主なユースケースは、DeFiを想定したアルゴリズムベースのステーブルコインの発行です。PoSと違い、Spark (FLR)はネットワークの安全性に影響を与えないので、スマートコントラクトを信頼性の高い形で使用するのに適しています。

Flare Networkのステーブルコイン(F-Assets)は、FLRを裏付けにした暗号通貨連動型に該当します。仲介者を必要とせず、トークンを利用したいオリジネーターとその発行(ミント)を支援するエージェント間における賃借契約を拡張した仕組みによって成り立っています。現在発行が確定しているF-Assetsは、以下の4種類になります。

  • FXRP,FLTC,FSTR,FDOG

新規のF-Assetsの取り扱いに関しては、Flare Governanceを通じて決定され、最初にSongbirdのS-Assetsとしてテスト運用が行われます。F-Assetsは通貨毎のSDAプールで賃借が成り立つ仕組みが導入されており、裏付け資産となるFLRの担保比率は、対象となる資産の流動性に応じて決定されます。オリジネーター側には、F-AssetsによるFLRリワードドロップを提供し、エージェント側には、手数料収入とアービトラージの機会という、インセンティブが導入されています。以下、オリジネーターとエージェントの役割になります。

F-Assets:Trustless XRP(FXRP)の場合
  • オリジネーター:担保予約手数料(0.1%)と作成手数料(5%)をエージェントに支払う事で、XRPを1対1の比率でFXRPとして発行する事が出来ます。FXRPからXRPへの償還手数料は現在無料ですが、今後のガバンス投票によって決定されます。
  • エージェント:オリジネーターから担保のXRPと手数料を受け取る代わりに、FXRPシステムに担保比率の2.5倍以上の価値のFLRを提供・維持する事で、FXRPの発行をサポートします。オリジネーターからの償還依頼の際には、FXRPシステムからFLRを受け取りXRPを返金する必要があります。

エージェントに対するFXRPを発行する為の担保予約手数料(0.1%)は、XRPの価値に基づいてFLRによって支払われ、作成手数料(5%)はXRPで支払われます。発行出来るFXRPの量は、FTSOによって提供されたXRP/FLRのレートを基に、FXRPシステム内の担保量と担保率から定義されます。

Flare Network専門用語集
  • Spark Dependent Application (SDA):Spark(FLR)を組み合わせて構築するアプリケーションを指します。FXRPシステムはSDAの最初の事例になります。
  • Flare Time Series Oracle(FTSO):時系列オラクルであるFTSOの目的は、分散化を維持し、オフチェーンからステーブルコインの価格安定化に必要なデータを正確に推定する事です。
  • F-Assets:SDAが発行するトークンであり、ガバナンスプロセスを通じて提案されFTSOへの登録が承認されます。
  • Flare財団:ガバナンス投票によって決定されたコード変更を実行する組織です。投票によって財団が有益な目的を果たさなくなったと判断された場合、活動を停止し、保有しているトークンを燃やす事が財団の規約に明記されています。
Flare Network便利ツール
  • XRPSCAN:自己管理で申請した方は、XRPアドレスを入力するとFLRとSGBの受け取り数とアドレスが確認出来ます。
  • Bifrost Wallet:Towo Labs社が提供するトークンのラッピングとFTSOプロバイダーへの委任機能を兼ね備える無料のモバイルウォレットアプリ。
  • FlareScan:テストネットCostonのブロックチェーンエクスプローラーです。
  • FlareMetrics.io:FlareのFTSOプロバイダーの手数料、委任数、投票力、報酬レートなどの情報を確認する事が出来ます。
  • Chainlist:Ethereum Virtual Machine(EVM)の中から、MetaMaskを適切なChain IDに接続する事が出来ます。

Flare Networkの初期パートナー

Flare Networkには、すでにネットワークの拡張プロジェクトとして機能するいくつかの初期パートナーが存在します。

  1. セキュリティトークンの発行とライフサイクル管理プラットフォームのSecuritize
  2. オンチェーンとオフチェーンの金融資産とアイデンティティを管理するための新しいプラットフォームSingularity
  3. 業界の統合を通じてラテンアメリカ向けの送金ネットワークを構築しているBuenoBit
  4. 電子統治ネットワークのためのブロックチェーンインフラを構築しているNeuhanse Network
  5. セキュアなカストディプラットフォームを提供するCustody Digital Group
  6. ステルスに規制されたセキュリティトークンの取引所

Flare Network上で展開される初のDeFiプロトコルであるFlare Financeは、Spark保有者向けにYFLRのエアドロップを計画しています。

これらはほんの一部で、他にも多くの拡張プロジェクトが初期段階にあり、それらはCostonで発表され次第報告されます。

Spark(FLR)のアロケーション

Flare Networksは、メインネットローンチ時にXRPと同じ1,000億FLRを発行します。今回行われるXRPのユーティリティフォークは、現在市場で流通している450XRPに該当する450億FLRが対象です。残りの550億FLRは、250億FLRが開発者であるFlare Networks Limitedに、200億FLRがFlare財団、50億FLRがFLTC専用リワードプール、50億FLRが一般的なリワードプールに割り当てられます。Flare財団は、助成金、投資、研究開発、教育、広報、パートナーシップの5つの主要分野を担当します。

2020年12月12日GMT00:00(日本時間午前9時)にスナップショットが行われると、Ripple社(54,172,271,587 XRP)及びFlareのサポートを確認していない取引所分(322,744,698 XRP)は削除され、450億FLRを請求する権利は、スナップショットのXRP残高に応じて各アドレスに分配されます。一部のメディアでは、1:1の比率で配布されると報じられていますが、これは誤りであり、実際には1XRP = 1.0073 FLRで受け取る事が確定しています。

なお、クジラと呼ばれる特定の個人(Ripple関係者など)に関しては、配布上限を10億XRPとし、超過分はジェド・マケレーブ氏、詐欺、盗難などの不正所得された分と並んで一般的なリワードプールに回されます。これらの量は、現在約80億FLR(8%)になっています。

Rippleの共同創業者であり、Stellarの創設者でもあるジェド・マケレーブ氏の長年に渡る一貫した売却行為は、XRPの市場心理に悪影響を及ぼして来ました。彼の行動は、XRPにユーティリティをもたらすというFlareの目的に反する為、今回の配布対象者から外されました。

スナップショットから6か月を経過した2021年6月11日時点で未請求のFLRは、一般的なリワードプールに割り当てられます。現在のデータに基づくと、このプールは少なくとも合計200億FLR(20%)になる可能性があります。なお、F-Assetsのリワードプールには、少なくとも100億FLR(10%)が割り当てられる予定です。最終的なアロケーションや各報酬プールの配布率などは、今後ローンチが近づいたら正式に発表される予定です。以下、現時点での配布分布になります。

アロケーション割合数量
(非参加取引所や除外リストを除くXRP保有者) – 未請求分(37%)(37,000,000,000)
Flare Networks Limited25%25,000,000,000
Flare財団20%20,000,000,000
リワードプール
(大量保有者上限・盗難・JED氏・財団)+ 未請求分
(13%)(13,000,000,000)
FLTC専用リワードプール5%5,000,000,000
()内は今後変動する数字

XRPから始まるユーティリティフォークとは

Flare Networkは、ICOではなくデジタルアセットであるXRPをベースにした、ユーティリティフォークを行います。従来のフォークは元のチェーンとは敵対的な関係にあり、既存のネットワークのユーザーを奪いその価値をネットワークから完全に切り離そうとするものでした。しかし、Flare Networkのユーティリティフォークは、基本的に元のチェーンから価値を奪うのではなく戻すことを目的としています。

Flare NetworkのスマートコントラクトでXRPの利用を可能にし、資産を所有するのに最適なのは、それを利用して利益を得ようとするXRPホルダーです。Flare NetworkのFLRトークンは、業界初のユーティリティフォークになる可能性があり、XRPはユーティリティの向上によって利益を得ることが出来ます。FLR保有者は、エージェントとしてFLRを担保にFXRPの信頼性の高い発行・償還にコミットして手数料を得たり、時系列オラクル(FTSO)からリターンを得る事が出来ます。

これらの機能は互いに競合するものではありません。Flare Networkは、XRPにスマートコントラクトと他のブロックチェーンへのパイプラインの実現可能性をもたらしながら、XRP Ledgerが最も得意とする迅速な決済を可能にします。

Spark(FLR)の受け取り方法

Sparkの請求者は、まずネットワークの立ち上げ時に15%を受け取り、残りの85%を最短25カ月~最大34カ月かけて毎月受け取る事が出来ます。月毎の分配金は2~4%の範囲でオラクル(FTSO)によって自動的に決定されます。これらは、Flare Networks Limited及びFlare財団も含めて、全ての参加者が同じ条件で扱われます。

なぜこのような長期間に渡る分配方法が行われるかと言うと、一定の割合の人々はFLRを無料で貰えるトークン程度にしか考えておらず、Flareの真のユーティリティの目的を理解していないからです。このような分配方法で市場に供給される量を制限する事で、彼らが市場に与える悪影響を制限する事が出来ます。FLRの分配構造は過剰な流動性を制限し、ネットワークに価値と実用性をもたらす初期のエージェントやFTSOに大きな報酬を提供します。

FLRの配布は、提携取引所に預けていた場合はあなたのアカウントに配布され、自己管理分はXRPLアドレスのMessage Keyに設定したEthereumスタイルのFlareアドレスに配布されます。

スナップショットを逃した方は、Bitrueで購入する事が可能

なお、シンガポールの取引所のBitrueでは、Flare Networkと提携し、すでに2021年1月6日からIOUとしてFLRの取り扱いを開始しています。また、シグナルプロバイダーの運営を行うと共に、現在世界で唯一F-Assetsの取り扱いも表明しています。以下のページでは、初心者の方にも分かりやすく登録方法を画像付きで解説しています。興味のある方は事前に口座を開設しておく事をお勧めします。

ユーティリティフォークの注意事項

あなたの取引所がユーティリティフォークに対応しているか否かは、Flare Networkのホームページ上で確認出来ます。気を付けて頂きたいのが過去のBTCのハードフォークなどと違い、スナップショットの段階でディストリビューション(流通)をサポートしていない取引所に置いていると、その時点であなたの請求権利は全て放棄されてしまいます。あなたの請求権利分は他の有効な請求者に分配され、決して後から貰える事はありません。

つまり、XRPのユーティリティフォークで誕生するFLRは、ユーティリティーをもたらす目的で作られており、それらに協力しない取引所には提供しないというスタンスです。スポンサーの兼ね合いなのか、これらの内容は日本のメディアではあまり報じられていないので注意が必要です。

なお、日本の取引所連合は、2020年12月4日に『国内事業者12社(オブザーバー1社)は、2022年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁に上場承認された場合、当該国内事業者はSparkトークンを請求し、XRP保持者に分配する』ことを発表しました。

これで多くの日本の取引所は、スナップショットの段階で正式なサポート取引所としては参加出来ない事が決まりました。あなたはローンチ時に確実にFLRを手に入れる為に、すぐに正式なサポート取引所にXRPを移すか、自分で管理しているXRP Ledgerに移す必要があります。重要:必ずスナップショットの日付より前にこれらのアクションを実行して下さい。

Sparkトークンの請求手順

XRP Ledgerで自己管理していた方のオプトイン申請の方法は、XRPLアドレスのMessage KeyフィールドにFlareアドレスを設定するだけです。これをスナップショットの日付から6ヶ月以内に行う必要があります。6ヶ月経っても未請求の場合、すべてF-Assets保有者へのリワードプールに回されてしまいます。ご注意下さい。以下のページでは、代表的なXUMM(サム)とLedger Nanoでの請求手順を紹介します。

DApps(分散型アプリ)サービス一覧

それでは、Flare Networkの代表的なDAppsを紹介して行きます。スマートコントラクトに資金を預けることは常にバグや虚弱性のリスクを伴います。当サイトでは、投資等により生じた損失に関して一切責任を負いません。基本的にこれらのサービスの利用を行う場合、すべて自己責任となりますのでご了承下さい。

Flare Finance(フレアファイナンス)

Flare Network上で展開される初のDeFiプロトコルで、機関投資家向けの最初の金融プラットフォームになります。Dappでは、トレーディング、イールドファーミング、クロスチェーンブリッジ、ローン、保険、イールドマイニングの6つのDeFi商品を提供します。Flare Financeでは、Flare Networkのエコシステムトークンに加え、2つのオリジナルトークンを活用し、ガバナンス、手数料、リワードを提供します。

<随時情報は追加します>

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フレアネットワーク(Flare Network)の概要とSparkトークンの使い方” に対して2件のコメントがあります。

  1. 金田陽治 より:

    XUMMウォレットにてspark tokenの授与手続きを完了させて 相当な日数が経ってますが いつMEWに送金されますか?

    1. cryptocurrency3 より:

      Flare Networksからは、Songbirdでの徹底的なテストが行われた後、2021年9月末から行われる予定の最終監査通過後と説明されている以外、具体的なFLRの配布日は発表されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA