Nexoの概要とレンディングで年率最大12%の金利を稼ぐやり方

ネクソのロゴ

Nexo(ネクソ)概要

Nexoは2007年創業のヨーロッパのFinTech企業である、Credissimoが作った世界最大規模の暗号通貨融資企業です。Credissimoは、2014年にブルガリア証券取引所にIPOを果たしましたが、翌年2015年にMBOで株式非公開化を行っております。Credissimoは世界で最初のローン申請用のチャットボットを開発した企業で、10年以上のオンラインレンディングの自動化の経験を持っています。独自のオペレーションモデルの中核をなすのは、オンラインでの即日融資承認、リスク管理、回収システムを組み込んだ高度なアルゴリズム・プラットフォームです。この製品は、どの国、規制環境、言語、通貨でも動作するように最適化されており、同社の継続的なグローバル展開をサポートしています。

一方Nexoは、Credissimoのオンラインレンディングのノウハウと経験に支えられていますが、独立した法人です。Credissimoの無担保消費者ローン事業と比較して、Nexoはより単純なローン引受および管理モデルを実行しています。Nexoは2018年4月にサービスを開始して以来、80万人以上のユーザーが利用しており、2年間で30億ドル以上の取り扱いがあります。

またNexoはCredissimoと共に世界四大監査法人のデロイトによって監査されており、EUのライセンスを保持した規制に準拠した金融機関になります。Nexoはなぜ未上場企業なのに監査法人と契約しているのかと言うと、将来NASDAQやニューヨーク証券取引所などの証券取引所に上場するという非常に野心的な計画があり、この目標を達成するための前提条件として財務監査が行われております。また、Nexoは現在プラットフォーム内での暗号通貨の交換機能を開発しており、M&Aによる銀行免許の取得も計画しているようです。

How to Earn Interest: А Guide to Your Nexo Savings Account
セキュリティーと保険

Nexoのユーザーは暗号通貨やステーブルコインをアカウントに預けると、世界でも有数のカストディアンであるBitGoのマルチシグのコールドストレージによって安全に管理されます。Nexoの預かり資産の95%以上がその対象となります。また仮に盗難されたとしても、BitGoが加入するロイズシンジケートによって提供される1億ドルのカストディアン保険でカバーされます。

ステーブルコインは年率10%、暗号通貨は6%、NEXOで受け取りなら最大12%
Nexoは新しいロイヤルティプログラムを導入

現在NexoのレンディングサービスEarn on Cryptoでは、ステーブルコインや法定通貨も含め20種類のアセットに対応しています。従来はステーブルコインのみの取り扱いでしたが、2020年6月より暗号通貨も開始しました。通常はステーブルコインや法定通貨は8%、暗号通貨は5%ですが、2020年の12月9日より預金ウォレットのNEXOトークンの保有比率に応じて金利が段階的にアップする、新しいロイヤルティプログラムが導入されました。以下がそのランクの概要になります。

  1. ベース: NEXOトークンは必要ありません
  2. シルバー:少なくともポートフォリオ残高の1%がNEXOトークンで構成されている必要がある
  3. ゴールド:少なくともポートフォリオ残高の5%がNEXOトークンで構成されている必要がある
  4. プラチナ:少なくともポートフォリオ残高の10%がNEXOトークンで構成されている必要がある

さらにNEXOトークンでの支払いを受けることを選択すると、すべての資産に対して+2%のボーナス利息が受け取れます。世界的にこれだけの低金利の中、80万人以上のユーザーが利用しているのも頷けます。

通貨ベースシルバーゴールドプラチナ
BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, EOS, LINK, XLM, TRX, PAXG, BNB5%
(7%)
5.25%
(7.25%)
5.5%
(7.55%)
6%
(8%)
USDT, USDC, PAX, TUSD, DAI, HUSD8%
(7%)
8.25%
(7.25%)
9%
(11%)
10%
(12%)
USD, EUR, GBP8%
(7%)
8.25%
(7.25%)
9%
(11%)
10%
(12%)
※各レートは2020年12月9日現在のもの、()はNEXOトークンでの受け取りを選択した場合
NEXO Buyback Program(買戻しプログラム)

Nexoは新しく始まったロイヤルティプログラムなどのNexonomicsの一環として、2020年12月3日に1,200万ドル(約12億5千万円)のNEXOトークンのBuyback Programを開始しました。Nexoは、依然としてマーケットでNEXOトークンが大幅に過小評価されていると考えてるようです。Buyback Programは、市場でトークンの流動性を高めることで価格変動を抑え、トークン保有者には価値が上昇し続けるという安心感を与えます。

各買戻しは、買戻し後最低12か月間権利が確定します。権利が確定すると、買い戻されたトークンは、再ロックまたは撤回され、利息およびキャッシュバックの支払い、分散型取引所の流動性供給、および配当金の分配に使用されます。会社の成長と市況に応じて、将来の買戻しに追加の予算が割り当てられる場合があります。

以下がBuyback Programの仕組みです。

  • Storage(保管): 完全な透明性を確保するために、買い戻されたNEXO トークンは、この公開されたERC-20アドレスで確認できる投資家保護準備金(IPR)に保管されます。IPRにロックされたトークンは配当の対象外となるため、配当金の分配の際にはNEXOトークン保有者にとってより有益なプログラムとなります。
  • Vesting(べスティング): 各買い戻しは、買い戻し後最低12ヶ月間の権利確定の対象となります。
  • Once vested(権利確定後):買い戻したトークンは、利子やキャッシュバックの支払い、配当金の分配、分散型取引所での流動性の提供に使用するために再ロックしたり、引き出したりすることが出来ます。
  • Future buybacks(将来の買い戻し:企業の成長や市場の状況に応じて、将来の買い戻しのための追加予算が割り当てられる場合があります。

NEXOトークンとは

Nexoは2018年3月5日〜3月31日に行われたICOでトークンを発行し、52,500,000ドルの資金調達をしました。Nexoは規制に準拠している数少ない暗号通貨企業の1つで、このトークンセールもSECに登録されています。NEXOトークンは株式のように機能し、会社の純利益の70%はより多くのInstantCryptoCreditLines™に資金を提供するために再投資され、残りの純利益の30%は配当資格要件を満たす保有者に配当金として支払われます。またトークン保有者は、NEXOトークンをステーキングする事で、通常11.9%のところランクに応じて年間10.9%, 8.9%, 5.9%で借入が出来ます。

配当金は米ドルで計算され、BTC, ETH, NEXOまたは米ドル対応のステーブルコインにてNexoウォレットで支払われます。配当金を受け取るには、配布日10日前の権利落ち日にNexoウォレットに保持もしくはステークする必要があります。

Nexoでは、NEXOトークンに対する長期的な投資家の信頼に報いるとともに、配当落ち日前後の市場のボラティリティを低下させる為、配当分配手法に関して以下の2つのアプローチを使用しています。

  1. 基本配当-NEXOトークンの保有に比例してすべての適格なトークン保有者に支払われます。
  2. ロイヤルティ配当-配当前の日付から次の日付までのNexoウォレット内の保有期間に基づいて、 NEXOトークンごとに個別に支払われます。ロイヤルティ配当のシェアは、任意の期間に分配される配当総額の3分の1以上です。

現在年間1回以上の配当を約束しており、今後は毎月の配当が行えるよう目指しています。過去の配当実績は以下になります。NEXOトークンは、Huobi Global、Bitrue、Uniswapなどで購入する事が出来ます。

実施日配当金額
2018年12月15日(7か月間)912,071.00
2019年8月15日2,409,574.87
2020年8月15日6,127,981.39
単位は米ドル

Nexoのビジネスモデル

さて、あなたのレンディングの対価として支払われる金利は、どのように捻出されるのでしょうか。Nexoでは、InstantCryptoCreditLines™というローンサービスを提供しています。こちらは暗号資産を担保に、現金やステーブルコイン(USDT, USDC)を最低10ドルから最大200万ドルまで申請から3分以内に借りられるサービスです。現在Nexoではロイヤルティプログラムに応じて、InstantCryptoCreditLines™で借り手から年率11.9%~5.9%の金利を徴収し、Earn on Cryptoで貸し手に年率5%~10%の金利を払っています。

ローンサービスの金利は、Nexoとポートフォリオの比率に基づいて4つの階層の中からいずれかが適用されます。利息は利用分と借入日数分のみ、毎日00:00CETに未払いの残高に追加されます。

  1. ベース: NEXOトークンは必要ありません。ローン残高の利息は11.9%
  2. シルバー:少なくともポートフォリオ残高の1%がNEXOトークンで構成されている必要があり、ローン残高の利息は10.9%
  3. ゴールド:少なくともポートフォリオ残高の5%がNEXOトークンで構成されている必要があり、ローン残高の利息は8.9%
  4. プラチナ:少なくともポートフォリオ残高の10%がNEXOトークンで構成されている必要があり、ローン残高の利息は5.9%
InstantCryptoCreditLines™ベースシルバーゴールドプラチナ
金利11.9%10.9%8.9%5.9%

各担保資産のLTV(Loan To Value)比率は、Nexoブロックチェーン・オラクルのアルゴリズムによって、資産の現在および過去のボラティリティと市場の流動性に応じて動的に決定されます。Nexoのアカウント内では、それぞれの暗号資産に対する個別のクレジットラインによってどれだけのお金が借りれるかを確認することが出来ます。以下は、Nexoプラットフォーム上で担保として利用可能な10種類の暗号通貨のLTV比率になります。

担保資産LTV
BTC, ETH60%
BCH, LTC, EOS, LINK, XLM, TRX, BNB35%
NEXO25%
2021年1月14日更新
InstantCryptoCreditLines™のステーブルコイン(現金除く)の貸付統計

Nexostatistics.com(Nexo非公式)では、ローンの貸し出し時に使用されるNexoの認知されたウォレットのトランザクションを監視する事により、ローンの貸付統計(USDT, USDC)から年間の総融資額を推測しております。このデータはUSDT, USDCのみで現金は含まれていない為完全ではありませんが、Nexoのローン事業の状況を把握する一つの目安になります。

Nexoは2019年12月5日までに貸し出しされた合計金額が、313,896,663.14ドルだった事を発表、これは当時のステーブルコインによるローンの貸し出し合計金額の約15倍

InstantCryptoCreditLines™のローンの主な貸し出し先

コインテレグラフの広告記事によれば、金利を支払う為の原資は、投資家から集めた資金を下記の事業者などへ貸し出す事によって捻出されているようです。

不動産のトークン化が殆ど進んでいない中で、借入を行う側も基本的に資金を持っていないと借りることさえ出来ないというのが現状です。そん中、一体誰がお金を借りているんだと殆どの方が真っ先に疑問に思うでしょう。現状、仮想通貨企業が銀行などに口座を開く事もままならない中で、貸出先は下記のような界隈の企業を対象としているというのが、正直な実態なのかも知れません。

2020年3月にコロナショックの影響で世界のマーケットは50%以上下落しましたが、Nexoのローン事業もその波に呑まれ、当時ローンの帳簿のほぼ全てが清算されたそうです。

1.  仮想通貨投資家:自身がもっている仮想通貨をNexoへ預け入れることでNexoが融資を実行する。Nexoから資金を借りる場合は年5.9%の金利を投資家は支払う必要がある。

2.  ヘッジファンド:仮想通貨やICOヘ投資をしたヘッジファンドは値上がりを待ちたいがため、保有している仮想通貨を売らずにNexoへ預け入れる。Nexoは融資を実行することでヘッジファンドから金利を得られる。

3. ICO・仮想通貨企業:仮想通貨で資金調達したお金を市場で売らずにNexoへ担保で預け入れることで、流動性がある資金を確保でき、経営する際に必要な経費を捻出できる。

4. 仮想通貨採掘者(マイナー):マイニングをする際の経費や機器代をマイニングしたBTCなどの仮想通貨を売らずにNexoに担保で預け入れることで捻出できる。世界でマイニング事業者は多く存在しており、他者よりも多くマイニングするためには設備投資が必要だ。Nexoはそれらの企業へ融資を実行し金利を得ている。

5. 仮想通貨取引所:仮想通貨取引所はNexoから資金を調達することで必要資金の捻出やマージン取引やトレードサービスの原資にしている。

6. ゲーム・VRユーザー:世界に22億人のゲーマーがいると言われていて、ゲーム内でアイテムなどに課金している。ゲーム内アイテムの市場価値は5兆円といわれていて自身がもっているアイテムを売り将来使用するという機会損失につながるよりも、Nexoに保有している仮想通貨を預け入れることで即時融資を受けられる。

COINTELEGRAPH JAPAN PR記事

レンディングの手順

それではNexoの口座を開設して、実際にEarn on Cryptoでレンディングを初めてみましょう。Nexoのレンディングは至ってシンプル。預金ウォレットに送金するだけです。金利は入金の翌日から適応され、毎日自動的に複利で運用されます。なおセキュリティー面から2段階認証を設定しないと、入金が出来ない仕組みになっています。

1.ページをスクロールして預けたい通貨のトップアップをクリック
2.表示された入金アドレスの宛先タグに送金

3.ページ上部のトランザクションでは毎日朝方報酬が支払われ、自動で複利で運用されている事が確認出来る

NEXOトークンで報酬を受け取る場合

NEXOトークンで支払いを受けることを選択すると、すべての資産に対して+2%のボーナス利息が受け取れます。

4.ページ右上の「人のマーク」からマイプロフィールへ
5.設定を選択し、デフォルトの「同じ通貨での利息の支払い」から「NEXOトークンの利息支払い」に変更

出金の手順

今度は資金の引き出しを行ってみます。1日の出金額には限度があり、KYCの認証状況によって異なります。基本認証だけであれば1日20,000ドル、詳細認証まで完了すると1日500,000ドルに引き上げられます。出金はホットウォレットの残高にも影響されますが、ほとんどの場合数分以内(最大12~24時間以内、まれにそれ以上)に処理されます。なお出金手数料は無料です。

1.ページをスクロールして引き出したい通貨の引き出しをクリック
2.出金先アドレスと引き出し額を入力

3.2段階認証のコードを入力して引き出しを行う
4.登録したメールアドレスに認証リクエストが送信されるので「引き出しを確認」をクリック

5.引き出しの状況はページ上部のトランザクションより確認が可能

最後に VIPリレーションシッププログラム

非公開ではあるようですが、富裕層にはVIPリレーションシッププログラムとして専任のマネージャーが付きます。通常他社のケースではレンディングレートのUPの話が中心ですが、こちらは大口の取引をまとめる店頭取引(OTC)デスクの利用、暗号通貨を購入する為だけに優遇された特別なローン商品「Portfolio Booster」など他のサービスが含まれます。

但し、基本的には彼らのNEXOトークンを絡めての提案であり、販売促進が主な内容といった印象です。資料を上げるのはやめておきますが、もし今後公に出来る何か面白い話があれば追記して行きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA