シンギュラリティコミュニティDAOの概要:ブロックチェーンにおける新たなガバナンスモデル

【目次】

SingComDAO(シンギュラリティコミュニティDAO)の概要

SingComDAO(SCDAO)は、シンギュラリティネット財団の分散型部門としての役割を果たすことを目指しています。SingularityNETは、SCDAOを通じて分散型ガバナンスプロセスの経験を積み、最終的にはこのガバナンス構造をSingularityNET全体に展開し、完全に分散化された組織を形成し、有益なAGIの実現に向けた道筋を示すことを志しています。

SCDAOの目標は、シンギュラリティネット財団の先見的で権威ある統治機関として、分散型の未来に向けた道を切り拓くことです。最初のステップとして、SCDAOはAGIXトークンのコミュニティによって統治されます。長期的な目標は、シンギュラリティネット財団全体で成功を収めたガバナンス構造を展開することです。

最終的な目的は、政治的な影響や権力闘争に左右されずに、包括的で強固で民主的な財団を形成し、公正な未来への道を切り開くことです。しかし、これは自動的に実現するわけではなく、持続的な分散型の運営には成熟したメカニズムが必要です。そのため、SCDAOはメカニズムの探索、テスト、改善に取り組む必要があります。

進化するアプローチと組織の究極の目標

SingularityNETは、現在のクリプト・エコシステムの実情と得た知見に基づき、完全に分散化された財団を目指す道筋を変更しながら進んでいます。ホワイトペーパー2.0では、コミュニティの権限を拡大し、シンギュラリティネット財団の全ての部門と活動において権限を与えることが提案されましたが、代わりにSCDAOは組織の一部の小さなセクションに対してガバナンス構造を作り、徐々にDAOの権限を拡大することを意図しています。

このアプローチの変更は、ガバナンスプロセスの成熟度がまだ達成されていないためです。しかし、アプローチやタイムラインの変更に関わらず、SingularityNETの究極の目標は変わりません。それは、効果的で安定し、公正かつ透明な方法で統治される完全に分散化された組織を創造することです。

探索すべきガバナンスメカニズム

現在の知識を基に、様々なガバナンス構造が探索され、適切なバランスを見つけるためにこれらの構造にダイナミクスが組み合わされるでしょう。評判に基づく投票ウェイト 、液体民主主義、代表制民主主義などの組み合わせメカニズムが含まれます。しかし、これらの手法の変種や全く新しいメカニズムも今後数年間で現れることが予想されます。

生きた組織として、SCDAOはこれらのメカニズムを探索し、テストし、改善し、それらをサポートするためのプロセスやツールの開発・促進に取り組んでいきます。そのため、将来の洞察や決定に基づいてアプローチが変更される可能性があります。SCDAOは変更可能性を持ちつつも、持続的な分散型組織の実現に向けた学びのプロセスを続けます。

基本的なガバナンスの原則

SCDAOは、探索と進化の対象となる多くの側面がある中で、以下の基本的な原則を考えています。

  • 透明性、公正性、信頼性:SCDAOのガバナンスプロセスとツールは、透明性、公正性、信頼性を基盤とするべきです。ガバナンスイベントのルール、計算、結果は明確に説明できるよう準備と能力を持つ必要があります。
  • 技術的特異点の支援:ガバナンスプロセスは、SingularityNETのミッションである技術的特異点を誰にとっても有益なものにすることを支援すべきです。つまり、プロセスはトークン価格の上昇や個人や小規模グループの利益に最適化されるのではなく、技術的および倫理的な進歩に合わせるべきです。
  • 柔軟性と適応性:SCDAOの定義されたプロセスは、不可逆な決定や実装に抵抗し、柔軟性と適応性を可能にするべきです。大きな影響を与える変更には高い閾値が必要かもしれませんが、原則として、変更を支持する大多数が存在すれば、すべてのルールは逆転可能であるべきです。また、これらのプロセスは、トークンの損失や低い参加率など、さまざまなシナリオを考慮に入れる必要があります。
  • 原則の発展性:基本的な原則は時間とともに発展する可能性があり、SCDAOは新しいプロセスとルールのパラメータを定義するための指針となる原則を作成および更新します。将来的には、文書の変更は投票手続きの対象となる可能性があります。

これらの基本的な原則は、SCDAOが進化していく中でガイドラインとなり、より良いガバナンスを実現するための方向性を示します。

ホワイトペーパー

SCDAOのホワイトはペーパーはこちらからダウンロード出来ます。

SCDAOの設立と出発点

SCDAOの責任範囲は、ガバナンスメカニズムとともに変化する可能性があります。SCDAOは将来的には財団全体の統治機関となることを目指し、その範囲を拡大していく予定です。具体的な展開の順序や速度は予測できませんが、この新たな旅の始まりとして、初期のガバナンス構造と責任範囲について説明します。

SCDAOの設立時には、監督評議会と参加ユニットが設置されます。監督評議会は活動を担当し、SingularityNETのDeep Fundingやアンバサダープログラムに関連する責任を持ちます。

分散型の組織を中央集権的な手続きで設立することは矛盾しています。そのため、SCDAOのガバナンス構造は、SCDAO自体によって設定され、AGIXトークン保有者のコミュニティを適切に代表し、関与する組織として機能するべきです。

この課題に対処するために、Seed-SCDAOという一時的な組織が設立され、コミュニティとの協力によって新しいSCDAO組織の設計図が作成されます。設計図には、初期のガバナンスフレームワークだけでなく、法的および財務上の構造についても含まれるべきです。

SingularityNETでは、次のイテレーションのSCDAOを「最終的なSCDAO」と呼ばず、「新しいSCDAO」と呼びます。なぜなら、SCDAOは時間とともに自己を再発明できる生きた組織だからです。

Seed-SCDAOの役割

Seed-SCDAOは、最初のSCDAOの完全な実装を目指し、いくつかの運用タスクを開始します。このプロセスはSeed-SCDAOの発足から3〜6ヶ月以内に完了する予定ですが、予測は洞察力の開発によって変更される可能性があります。

この文書は明確さを提供することを目指していますが、新しいSCDAOの形式と構造については、最終的な形式や構造はSeed-SCDAOの決定によって左右されますので、この文書の説明は最終的なものではありません。

最初のガバナンス組織であるSeed-SCDAOは、以下の参加団体の代表とシンギュラリティネット財団の代表から構成されます。

  • 新たに選出された監督評議会の3名のメンバー
  • Deep Fundingの代表
  • アンバサダープログラムの代表
  • シンギュラリティネット財団のメンバー(財団のCEOが決定権を持ちます)
初期の財務とトークノミクス

新しく発行されたCardano上のAGIXの31.5%は、3つの主要な参加団体の合計を表しています。監督評議会には1.5%が割り当てられており、これはSCDAOの目標と一致しています。一方、30%がDeep Fundingに割り当てられており、これは分散型AIプラットフォームの成長を支援するために、開発者がプラットフォーム上でサービスを作成または利用することを促す明確な目的があります。この割り当ての変更はSeed-SCDAOの権限の範囲外です。

監督評議会は、オーバーヘッド費用に関連する費用について相談し、必要な場合にはコミュニティ投票を行うことができます。このプロセスは、新しいSCDAOに向けて詳細が説明される可能性があります。

将来のロイヤリティプールの割り当ての変更は、新しいSCDAOが担当することが考えられます。これにより、新たに発行されたトークンの総数に対して、SCDAOが監督する割合が36.5%に増加します。

SCDAOの全体的な目標と責任
  • シンギュラリティネット財団とそのミッションに関連するトピックについて、コミュニティを巻き込み参加させる。
  • コミュニティ内で包括性、多様性、尊重の文化を育成し、共同で問題や懸念に取り組む環境を作る。
  • SCDAOの権限範囲内の重要なトピックに関して、アイデアを出し合い、投票を行うイベントを組織する。
  • ガバナンスプロセスとツールを継続的に改善し、決定や方向性がコミュニティメンバーの希望を反映するようにする。
  • SCDAOの財務に責任を持つ。
  • SCDAOの権限内に該当し、コミュニティによって受け入れられたすべての決定を含む、現在のSCDAOの状態を定義し、フォローアップドキュメントを継続的に開発および更新する(フェーズ2提案とこのホワイトペーパーの関連部分に関するもの)。
Seed-SCDAOの具体的な目標

Seed-SCDAOの主な短期目標は、新しいSCDAOのガバナンス構造と範囲を定義することです。具体的には、以下のトピックを含むガバナンスフレームワークの定義が行われます。

  • SCDAOのガバナンスフレームワークの定義
    • 関係する組織の責任と関係
    • 意思決定プロセス
    • ガバナンス(投票)イベントの種類
    • これらのイベントの頻度またはトリガー
    • コミュニティ発起のガバナンスイベント(例:コミュニティが提起したトピックについての国民投票)
    • 内部のコミュニケーション構造と必要なミーティング
    • 決定の文書化と報告
  • ステークホルダー全体に対する法的構造とその影響
  • 財務ガバナンスの構造
    • 支払いの承認と実行を含む財務ガバナンス構造
    • 財務管理の要件
    • 参加者の時間的手当と報酬
  • コミュニティとの関係の枠組み
    • 決定、コミュニティイベントなどの「公式」なコミュニケーション
    • 一般的な情報とコミュニケーションのガイドライン(誰が、何を、いつ、どのように)
    • 苦情や懸念を含むコミュニティ発起の連絡

これらの項目は新しいSCDAOがすぐに完了するものではなく、継続的に進化することが予想されます。Seed-SCDAOは、枠組みと期待を定義し、新しいSCDAOの最初の世代によって補完される枠組みを作成する役割を担います。

また、新たに選出された監督評議会の責任も重要です。新しい構造に監督評議会がどのように適合し、彼らの将来の責任が何であるかを理解するために、監督評議会の候補者が情報を提供する機会が設けられます。

Seed-SCDAOは、SCDAOの定義されたフレームワークをドキュメント化し公開することで、コミュニティの賛同を確保します。このドキュメントはコミュニティと議論され、最終版が投票イベントを通じて承認され、承認された場合はSCDAOの公式ガイドラインとなります。承認されなかった場合は、ドキュメントを調整し、新たな投票イベントに向けて準備を進めることがあります。

確立されたSCDAO – ビジョン

Seed-SCDAO、コミュニティ、その他の利害関係者の考慮事項に基づいて、現在の組織の構造と機能に関するビジョンを紹介します。このビジョンは、まだ範囲が限定されていますが、上手く組織化された初期のSCDAOを想定しています。SCDAOの範囲が時間とともに広がるにつれて、新たな参加エンティティや役割が現れる可能性があります。その結果、構造やプロセスの適応が必要になることがあります。このビジョンは、さらなる探求や議論のための出発点として役立つことでしょう。

ガバナンス構造

以下の2つの図は、SCDAOの運営方法を示しています。

「オペレーションレイヤー」は、契約チームメンバー(青色)とコミュニティアンバサダーから成り立っており、アンバサダーも報酬を受け取りますが、より柔軟な基準で支払われます(緑色)。これらのグループは明確な区別線を持たず、契約者はパートタイムで働き、一部のアンバサダーはより増えるタスクを引き受けることがあります。主な違いは、人々がどのように組織的に割り当てられるかです。割り当てが一定の閾値を超える場合、双方にとって”契約”することがより合理的になることがあります。財務報告では、どのエンティティにどのコストでどのように時間が割り当てられているかを明確にする必要があります。

「エグゼクティブチーム」は、監督評議会とSCDAOのチームリーダーから構成されています。最初はDeep Fundingプログラムとアンバサダープログラムの2つのエンティティが存在しますが、将来的には他のエンティティが追加される可能性もあります。

意思決定プロセス

チームリーダーは、日常的な意思決定を行い、その後に報告や定期的なミーティングでエグゼクティブチームによってレビューされます。もし、チームリーダーが日常的な運営範囲外の意思決定を行いたい場合は、 監督評議会(スーパーバイザリーカウンシル)を率いるエグゼクティブチームに相談することができます。エグゼクティブチームは承認するか、広範なコミュニティの意見を求める必要があるかを決定します。これは通常、予算に重要な影響を与える、既存の構造を変更する、またはその他の影響力のあるリスキーと見なされる意思決定や提案の場合に当てはまります。これら3つのレイヤーの境界はさらに探求される必要があります。厳密に定義するか、試行錯誤によって成長することができます。 おそらく、組織がより組織化され、確立されるにつれて、これらのレイヤーは時間の経過とともに進化することになるでしょう。

通常、予算に重要な影響を与える、既存の構造を変更する、またはその他の影響力のあるリスキーな意思決定や提案の場合には、このプロセスが適用されます。これら3つのレイヤーの境界はさらなる探求が必要です。厳密に定義することも、試行錯誤を通じて成長させることも可能です。組織がより組織化され、確立されるにつれて、これらのレイヤーは時間とともに進化する可能性があります。

この意思決定プロセスは、以下の図に示されています。

コミュニティ提案

コミュニティ提案の決定はチームリーダーから始まりますが、他のレイヤーからの提案も探究すべきトピックです。Deep Fundingでは既にガバナンスラウンドで実験が行われ、コミュニティは変更提案を行い、議論や投票によって適切な提案を定義することができます。シンギュラリティネット財団もロイヤリティプールのトークンの申請に関する投票イベントで同様の手法を採用しました。このプロセスは、さらに改善され、正式化される可能性があります。

ガバナンスの仕組みとツール

現在の見解と経験に基づくガバナンスの仕組みとツールについては、以下のようなポイントが挙げられます。

ガバナンスの投票メカニズムは、単純な1人1票や1トークン1票ではなく、各コミュニティメンバーの投票ウェイトを決定する複数の変数の組み合わせに基づいて行われると予想されます。これには以下の要素が使用される可能性があります。

  • メンバーが所有するトークンの数量(レベル分けの可能性もある)
  • メンバーの評判や貢献スコア(具体的な活動の評価や仲間のコミュニティメンバーからの推薦に基づく)
  • ウォレットのダイナミクス(ウォレットの年齢、保有パターン、投票イベントでの活動や行動など)

さらに、特定のトピックに関して他のユーザーに代わって投票権を委任する「液体民主主義」のような仕組みも採用される可能性があります。

ガバナンスメカニズムはSCDAOの原則にとって重要であり、信頼性、透明性、設定可能性、説明可能性、堅牢性が確保される必要があります。そのためには適切なツールが必要であり、これらのツールは購入や構築、委託、クラウドソーシングなどの方法で入手することができます。

SCDAOの使命は、ガバナンスプロジェクトの開発において主導権を握ることです。これは内部プロセスの支援だけでなく、広範なブロックチェーンおよびクリプト・コミュニティのポジティブな発展を支援するためでもあります。

新しい三権分立?

より高い視点から見ると、新しい三権分立の考え方があります。これは、エンティティを基本的な責任の分布に沿って組織化することを意味します。立法、行政、司法の三権分立が知られていますが、DAOの文脈では、使命とビジョンを中心に責任を分けることができます。

効果的なタスクと責任の分配は次のようになります。

  • 定義:基本原則をルール、ツール、プロセスに変換し、実装すること
  • 実行:日々の実践でのプロセスとツールの実行
  • 分析:投票イベントや他の(準備段階の)意思決定イベントの結果の分析

ただし、これらのタスクの分配は上記の構造やエンティティに合わせられるかどうか、そしてステークホルダーやコミュニティの間でより深い議論が必要とされます。

SCDAOは理想的には、クリプト・エコシステムやそれ以上の範囲にわたって、民主的で包括的な分散型ガバナンスの原則の輝かしい例となり、 推進力として発展していくことを目指しています。

最後に

この文書は、数年にわたるプロセスの出発点としての役割を果たします。皆様のご意見をお聞きする機会は十分にありますし、この目標達成に向けた貢献を心から歓迎します。2023年4月21日に開催される分散ガバナンスサミットが重要な場となり、定期的なセッションが行われる予定です。新しい監督評議会の選挙、続いてSeed-SCDAOの開始、そして実際のSCDAOの実装については、すべてコミュニティの意見とフィードバックに基づいて進められます。皆様の参加と協力を心から感謝しています。

カルダノステークプール【OBS】

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA